東南アジア学会関西地区例会のお知らせ

東南アジア学会会員各位

7月の関西地区例会は、「東南アジア大陸部における被戦争社会とレジリエンス」
をテーマに3本の報告からなるワークショップとして開催します。お誘いあわせ
のうえ、ふるってご参加ください。

●日時:2017年7月8日(土)午後2時~午後6時
●会場:京都大学稲盛財団記念館2階セミナー室(213)
(http://www.cseas.kyoto-u.ac.jp/access/)
※当日入口は施錠されています。13:30~14:00まではドアを開閉するスタッフが
いますが、その後に来られた方は、入口に貼ってある電話番号にご連絡ください。
●プログラム:
14:00~14:10
【企画説明】瀬戸裕之(新潟国際情報大学国際学部)
14:10~17:10
・瀬戸裕之
「ラオス中部における被戦争社会の変容とレジリエンス:戦争期の住民移住を中
心に」
・倉島孝行(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
「東北タイ東部の元タイ国共産党員らとその家族の50年:土地利用と生業様式を
生んだ断絶性と連続性」
・片岡樹(京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科)
「冷戦がもたらしたタイ国山地社会の変動」
※報告は45分、質疑応答10分、途中15分の休憩あり
17:10~17:20
【コメント】岩井美佐紀(神田外語大学外国語学部)
17:20~18:00
全体討論

●企画趣旨
 現在、東南アジア大陸部は、1980年代以降の和平の進展と市場経済化の導入、
1990年代以降のASEANの地域統合の展開を受けて、人々の生活や社会が大きく変
化を遂げつつある。しかし、この地域は1960年代、1970年代に、ベトナム戦争を
はじめとする大きな国際紛争を経験し、戦火の中での移住、生活の破壊や社会の
分断、住民構成の変化など,戦争から様々な影響を受けてきた。これらの変化は、
戦争期だけでなく、その後の人々の生活や地域の社会形成にも大きな影響を与え
たのではないかと推測される。
 「東南アジア大陸部の被戦争社会の変容とレジリエンス」研究会は、東南アジ
ア大陸部を、戦争によって社会形成が大きな影響を受けた地域(=被戦争社会)
として位置付け、戦争下での地域住民の生存、戦後の生活再建などを考察し、戦
争に対する地域の人々の生存戦略(=レジリエンス)を明らかにすることを目的
として研究を行っている。その中では、第1に、国レベルより下の地域・村レベ
ルでみたときに、戦争が地域の人々にどのような影響を与えたのかを考察し、第
2に、戦争中・戦争直後の人々の被害だけでなく、その後の生活や社会の変化を
考察することにより、戦争の影響を受けた人々の生存戦略が社会形成に与えた影
響について再考することを課題としている。
 報告では,ベトナム戦争の影響を受けて激しい戦闘の舞台となったラオス中部
の事例と、同戦争の直接的な舞台ではなかったものの、同時期に内戦を経験して
いたタイ東北部、タイ北部における事例を報告し、戦争が地域に与えた影響と人
々の生存戦略について議論する。

●報告要旨
・瀬戸裕之「ラオス中部における被戦争社会の変容とレジリエンス:戦争期の住
民移住を中心に」
本報告では、ラオス中部における内戦期の強制移住と住民の生存戦略について考
察する。ラオスでは、1960年代、1970年代はじめにかけて、国内で激しい内戦が
行われた。これまでの歴史研究でも、内戦期に戦争の影響によって、多くのラオ
スの山地民・山間地民が、それまで生活していた地域を離れて、ヴィエンチャン
周辺の平野部へと避難したことが指摘されているが、内戦期に住民たちが、どの
ような経緯により、どのような手段で移住を行ったのか、戦争被災者が移住後に
どのように生活を再建してきたかについて、具体的な事例に基づいた分析は行わ
れていない。本研究では、ホアパン県、シエンクアーン県からヴィエンチャン県
に移住した村を事例に、戦争期に住民たちが移住した背景、移住の手段、移住後
の生活変化を考察し、ラオス中部における戦争と地域住民の生存戦略(=レジリ
エンス)について検討する。

・倉島孝行「東北タイ東部の元タイ国共産党員らとその家族の50年:土地利用と
生業様式を生んだ断絶性と連続性」
もともと都市労働者層をターゲットに据えていたタイ国共産党(CPT)による革命
運動は、サリット政権の都市部での弾圧を経て毛沢東の農村革命論へと傾斜し、
やがて農村から都市を包囲するという武闘路線を打ち出した。そして、実際にそ
れに合わせ、CPTは辺境の森林地帯に革命拠点を置きはじめた。以上は1950年代
末から60年代にかけて起こった出来事である。以来、多くの農民がCPTの運動に
自発的あるいは半ばやむなく加わり、1980年代初めまでその状況が続いた。本発
表は、タイで見られた以上の事象をその渦中もしくは周辺で体験した、農民らの
50年間について報告するものである。特に彼/彼女らの土地利用と生業様式に照
準を定め、内戦前と内戦中、さらには内戦後で何が変わり、何が変わらなかった
のかを述べ、その時間的、空間的な断絶性と連続性について論じる。

・片岡樹「冷戦がもたらしたタイ国山地社会の変動」
20世紀後半のタイ国北部山地社会に見られる顕著な特徴は、人口の激増と民族構
成の激変である。タイ政府が行った山地集落調査によると、1970年代から1990年
代にかけ、全国平均を大幅に上回る人口増が記録されている。そのなかでも、特
定地域・特定民族の極端な人口増が全体の数値を押し上げているのが特徴的であ
る。これは明らかに自然増ではなく、冷戦期の政治的要因にもとづく越境流入人
口の増加と推定される。山地における人口の推移については、従来の先行研究で
は焼畑移動民の習性によるものとして漠然と説明されるにとどまる傾向にあった
ため、そこでの社会変化を冷戦期政治史の文脈で考察する試みは低調であった。
本報告では、冷戦期の極端な人口変化の事例として、チェンライ県において現在
ではラフやアカといった山地少数民族が集住する地区をとりあげ、現在見られる
ような民族構成が、冷戦期を通じいかに形成されてきたのかを検討することにす
る。

※詳細情報は下記の地区例会HPからもご覧いただけます。
https://sites.google.com/site/kansaireikaitounanajia/li-huinoo-zhirase

明日の阪大歴教研

もう明日だ!

大阪大学歴史教育研究会第106回例会につきまして、以下の通りご案内申し上げます。

日時:2017年6月17日(土)13:30~17:30

会場:大阪大学豊中キャンパス文学研究科本館2階大会議室

プログラム:
【1】梅津正美(鳴門教育大学大学院学校教育研究科教授)
「市民的資質育成における歴史教育-歴史授業改革論の位相-」
【報告要旨】
 学校歴史教育の基本的な性格は、市民的資質育成教育(民主主義社会の形成者としての市民に求められる資質・能力を育成する教育)であると規定し議論を展開したい。
 主に社会科教育学会において、市民的資質育成の観点から歴史授業改革論として主張されてきている、①理論批判学習、②解釈批判学習、③解釈構成学習、④規範反省学習、⑤価値判断学習、⑥社会形成学習の6類型の特質と課題を紹介することを通じて、目標とする市民的資質(資質・能力)の単元・授業レベルでの規定と内容・方法とを一貫して論じる方法論に基づく各改革論の位相を明らかにする。すなわち、これらの改革論が、過去の出来事の教授という伝統的な歴史教育観への批判を共通の認識としながら、歴史認識から社会認識へさらに社会形成へ、事実・価値二元論から事実・価値一元論へ、知識の合理性から知識の正当性への転換に対応しながら展開してきていることを論じる。本議論のまとめとして、各改革論を踏まえながら、高校を中心に学校歴史教育課程のあり方を展望する。

【2】高大連携歴教研第1部会WG
「世界史用語の精選について」
 ・矢部正明(関西大学中等部・高等部教諭)
 ・伊藤一馬(大阪大学大学院文学研究科助教)
【報告要旨】
 2022年度からの「歴史総合」および「日本史(世界史)探究」科目の新設は、世界史・日本史を別科目とするこれまでの枠組みを崩し、かつ歴史「で」考えることを重視する姿勢を鮮明化した。一方、高等学校の現場からは膨張する歴史用語の説明に追われ、歴史的思考力を育成する授業を行う余裕がないという声も多くあがっている。こうした現状をふまえ、高大連携歴史教育研究会第1部会ではワー キンググループを立ち上げ、歴史用語の「精選」 案の作成を進めている。
 本報告では前回例会における日本史用語精選作業の中間報告を受け、世界史用語精選作業に関する中間報告を行う。参加者との討議を通じて、成果と課題を共有し、7月末の高大研第 3回大会で、よりよい用語精選案を提示できればと考えている。

白山人類学研究会のご案内

お世話になっております。 白山人類学研究会の定例研究会の開催日が近づいてきましたので、 リマインドメールをお送りします。

研究会への事前参加登録は不要 です。皆様のご参加を歓迎いたします。
※重複受信されている方は申し訳ありません。

日時:2017年6月19日(月)18:15~
場所:東洋大学白山キャンパス8号館3階 8305教室
http://www.toyo.ac.jp/site/ access/access-hakusan.html

*研究会終了後、懇親会をおこないます。

◇発表題目
シンガポールのヘリテージ・ツーリズムとエスニック・ アイデンティティ――プラナカン文化の表象と消費をめぐって

◇発表者
平島(奥村)みささん (東洋大学社会学部教授)

◇要旨
 シンガポールでは近年、文化遺産政策と並行してヘリテージ・ ツーリズムが発展している。 本報告ではその中でもプラナカン文化について取り上げる。 プラナカン文化は19世紀から20世紀初頭に頂点を極め、 第二次大戦後急速に衰退したが、再び脚光を浴びている。 プラナカン文化復興・継承活動が盛んになる一方、 コマーシャリズムの波に消費され、 文化的正統性を損なう懸念も出てきた。また、このような「 第4の文化」が内外に認知されることで、 シンガポール多民族社会の在り方にも変化が生じている。 本報告を通して、ポスト・リー・ クアンユー時代に入ったシンガポールの新しい文化状況についても 分析を試みたい。

--
++++白山人類学研究会+++++

112-8606 東京都文京区白山5-28-20
東洋大学社会学部松本誠一研究室内
白山人類学研究会
2017年度幹事: 箕曲在弘
hakusanjinrui(a)gmail.com
+++++++++++++++++++++++

受贈書2点

大事な本がどんどん出る。

イメージ (80)   イメージ (79)

弱気をくじき強きを助ける...

権力をもたないと生活保護を受けても攻撃される。権力をもてば「腹心の友」と国政や地方財政を私物化しても許される。弱者が自立を強制されて強者が他人にたかることを許される社会とはまた、なんと美しい社会だこと、、、

共謀罪と韓流ドラマ

またまた忙しくてブログまで手が回らないうちに、共謀罪も国会を通過してしまった。
呆れるしかない。そこまでして日本を二流の権威主義国家にしたいか。
そこまでして「アジアで唯一の近代国家」という過去の栄光にしがみつきたいか。

そういう怒りばかり書いてるわけにもいかないので、FBにも書いた話題をひとつ。

CSで韓流ドラマ「千秋太后」を見ているうちに思い出した(まだ愛人になるキム・チヤン[金致陽]と出会ったばかり)。これは私が『中世大越国家の成立と変容』(第七章「一族の事業としての陳朝」)の大越と日本・高麗の王室族内婚の共通点と差異を論じた部分で取り上げた人物(献哀王太后)ではないか。あのへんの数代については『高麗史』から自分で系図を作ったのをすっかり忘れていたw。「女性大活躍」と「渤海・女真・契丹問題」「高麗内部の新羅系勢力」などをからめたドラマだが、これをみるとベトナムの皇太后ドラマも十分できるを、あらためて思う。とりあえずドラマを作るなら、族内婚の時期ではないが、夫の亡き後に幼子をかかえて権力を握った10世紀末の楊太后とか11世紀李朝の倚蘭夫人=霊仁皇太后あたり。楊太后や霊仁太后が宋軍をばったばったと切り捨てるなんていうのもできそう。霊仁太后に仕えた名将李常傑(宦官と信じ込まれているが疑う余地がある)を太后の愛人だったという設定にしたりすると、ベトナムで暴動がおこるかな? 夫の死後に愛人に権力を握らせ「悪女」とされる皇太后の立場の「大胆な見直し」なら李英宗の母親の感聖皇太后。
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR