大阪大学歴史教育研究会の新年度第1回月例会

毎年恒例の私の「活動方針」は、これまでやってきたことの確認と、今年度で終わる科研費プロジェクトのまとめなど、取り上げることが沢山あるので、山ほど資料を配るつもりである。

もうひとつの小特集は、マンネリ感のある歴教研をどうしていくかという問題意識で計画されたものと聞く。新しいアイディアが出るかな?

【大阪大学歴史教育研究会・第104回例会】

日時:2017年4月15日(土)13:30~17:30

会場:大阪大学豊中キャンパス文学研究科本館2階大会議室 大阪大学豊中キャンパスマップ

プログラム:
【1】桃木至朗(大阪大学大学院文学研究科教授・本研究会代表)
「歴史教育・入試改革の動向と大阪大学歴史教育研究会2017年度活動方針」
【報告要旨】 
昨年末の中教審答申などで、高校までの歴史教育と入試・高大接続改革の大きな方向性が見えつつあるが、その内容にはわれわれの意見がある程度反映されているものの、実現にはさまざまな困難が予想される。大学側では、人文系の研究教育や教員養成のあり方などをめぐって、むしろ不透明感が強まっている。総じて歴史学と歴史教育の生き残りには、「今が最後のチャンス」という感覚の共有が必要に思われる。その上で、新しい教育の内容と方法、試験や評価のあり方、涵養され評価されるべき「歴史的思考力」の中身などの検討を、急速に進めねばならない。
他方、阪大歴教研が獲得している科学研究費は、今年度が最終年である。本報告では、上のような状況を概観したうえで、科学研究費の研究課題である歴史学入門の編集構想について、現段階で可能な見通しを示す。それは、高大双方の歴史教育で涵養されるべき「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」などの定式化に資するものでなければならない。

【2】矢部正明(関西大学中等部・高等部教諭)・中村翼(大阪大学大学院文学研究科助教)
小特集「歴教研にいま求められているもの」
【企画趣旨文】
2017年度をもって歴教研の活動も13年目をむかえ、例会も100回を数えるにいたっている。そこで今回は、小特集「いま歴教研に求められているもの」と題し、本会の活動に深く関わってこられたお二人にご報告をいただき、改めて目的意識の確認を行いたい。これまでの歴教研の活動をふり返りつつ、なぜ歴史教育において高大連携が必要なのかというそもそもの問題から、歴教研の今後の展望や課題について、忌憚のない意見交換を行うことができれば幸いである。

マリーンズ単独最下位

オープン戦首位からこのメロメロ。
どうしてこんなに長距離打者がいないんだろう。
ドラフト戦略に基本的な勘違いがあるとしかいいようがない。
あーあ。

「国民国家型の大学歴史教育をグローバル化時代に適応させる方法に関する国際比較」ウェブサイトのご案内

この3月から始まった長い名前の新プログラムのウェブサイトがようやくできました。
http://history-education.labos.ac/ja
東アジアを中心とした国外の大学歴史教育の調査にもとづき、日本の大学歴史教育を(1)自国史と世界史の連結・統合、(2)教授内容と教授言語の両面で、外国史を含めて「自国民専用」になりがちな大学歴史教育を多様化する、(3)それらの担い手になる若手研究者を育成する、などを目ざすプログラムです。
阪大歴教研の国際交流や発信をさらに広げることも狙っています。
研究会は年に2回程度の予定ですが、国外の大学に関する調査・情報収集や日本の取り組みの海外発信など、いろいろな面でみなさんのご協力をよろしくお願いします。

エープリルフール

忙しくて全然記事が書けない状態が続いている。
これから復活するぞ、と書いても今日はエープリルフールか。。。

開幕戦はいかにもタコにもという負け方。今シーズンも毎度おなじみのパターン?

小結時天空

高倉健と同じ病気で亡くなったそうだ。
時天空というしこ名がまず印象的だった。
モンゴルで農政官僚になるつもりで東農大に留学し、大相撲入門後にモンゴルの農村人口に関する卒論も書いたとか。
足技が得意な異能派力士というだけでなく、珍しいインテリ力士でもあったわけだ。
合掌。

海域アジア史研究会例会のご案内

これを忘れていた。

以下の通り、海域アジア史研究1月例会のご案内をいたします。
 2017年1月22日(日)開催の1月例会は、「近世史フォーラム」と共催して、以下のように開催いたします。
 通常とは開催日時・会場が異なりますので、ご注意下さい。

【海域アジア史研究会1月例会】
☆共催:近世史フォーラム
◇日時:2017年1月22日(日)13:00~17:00
◇会場:大阪市中央公会堂 第2会議室
    http://osaka-chuokokaido.jp/map/
◇報告
1: 山内晋次氏
「14~16世紀の東アジア海域における「硫黄の道」」(仮)
 〈参考文献〉
  山内晋次『日宋貿易と「硫黄の道」』(山川出版社、2009年)
      「東アジア海域論」(『岩波講座日本歴史』20、岩波書店、2014年)
  小葉田淳「中世における硫黄の外国貿易と産出」(『金銀貿易史の研究』法政大学出版局、1976年)
  太田弘毅『倭寇―商業・軍事史的研究』(春風社、2002年)
  伊藤幸司「硫黄使節考―日明貿易と硫黄―」(西山美香編『アジア遊学132 東アジアを結ぶモノ・場』勉誠出版、2010年)
  鹿毛敏夫『アジアのなかの戦国大名 西国の群雄と経営戦略』(吉川弘文館、2015年)

2: 青柳正俊氏
「明治前期・新潟における外国人借地問題」

 〈参考文献〉
  青柳正俊「開港新潟での外国人居住行政についての考察」(『新潟県立歴史博物館研究紀要』16、2015年)
      「井上条約改正交渉期における新潟での外国人借地問題」(『新潟県立歴史博物館研究紀要』17、2016年)
      「雑居地新潟に関する一考察―「外国人の居留地外居住問題」をめぐる展開―」(『東北アジア研究』21、2016年)
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR