スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾミア研究会のお知らせ

第31回ゾミア研究会・KINDAS合同セミナーを開催いたします。

今回は、マックス・プランク研究所のTam Ngo氏とPeter Van der Veer氏をお招きし、東南アジア山地の宗教と国家に関して講演
していただきます。

どなたでも自由に参加できるオープンな研究会です。事前登録などの手続きは必要ありません。

ぜひお気軽にご参加ください。



日時:2017年11月21日(火)15:00~18:00(14:30開場)

場所:京都大学東南アジア地域研究研究所 稲盛財団記念館3階 中会議室

使用言語:英語



以下、英文のお知らせになります。



-------------------------------------------------------------
Dear all,

You are cordially invited to Joint Seminar by Zomia Research Group 31st meeting (CSEAS) and KINDAS (ASAFAS). We welcome Dr. Tam T. Ngo and Professor Peter van der Veer to Kyoto University.

The event is open to everyone.

Date: Tuesday November 21, 2017

Time: 15:00-18:00 (The room will be open at 14:30)

Place: Inamori Memorial Hall, 3F, Mid-size meeting room.



15:00-15:50

Dr. Tam T. Ngo

Dynamics of Memory and Religious Nationalism in a Sino-Vietnamese Border Town



15:50-16:40

Professor Peter Van der Veer

Lost in the Mountains



Coffee break



17:00-17:20

Discussants Julius Bautista (CSEAS Kyoto University)

Masao Imamura (Yamagata University)

17:20-18:00

Discussion





*Dynamics of Memory and Religious Nationalism in a Sino-Vietnamese Border
Town*

*Tam T. Ngo*

This paper analyses the dynamics of official and unofficial religious nationalism in the Vietnamese border town Lào Cai. In 1979 Lào Cai was one of many Vietnamese towns that were reduced to rubble during the short but bloody war between Vietnam and China. The normalization in Sino-Vietnamese relation in 1991 allowed a booming border trade that let Lào Cai prosper while the painful memory of this war continued to haunt the town and the daily experiences of its residents, both humans and gods. Since any official remembrance of the war is forbidden by the Vietnamese state, Lào Cai residents have found a religious way to deal with their war memories that skillfully evades state control. By analyzing narratives about the fate of the gods and goddesses that reign in the Father-God Temple and the Mother-Goddess Temple, two religious institutions located right next to the border, this paper shows that it is in the symbolism of the supernatural that one can find memories of the war and of the changing social landscape of Lào Cai and reconstruct its history.



*Tam T. Ngo *(ngo@mmg.mpg.de

) is a research fellow at the Max Planck Institute for the Study of Religious and Ethnic Diversity, Gottingen, Germany. She is the author of the monograph *The New Way: Protestantism and The Hmong in Vietnam* (University of Washington Press, 2016) and co-editor of *Atheist Secularism and Its Discontents: A Comparative Study of Religion and Communism in Eastern Europe and Asia *(Palgrave MacMillan, 2015)



*Lost in the Mountains*

*Peter van der Veer*

This paper engages the question of the relation between civilization, political formation, and mountain people in the Southeast Asian mainland massif. The argument I want to present is that the fragmentary nature of state formation in the area does not allow us to capture it in a model of state versus nonstate actors. Nevertheless, political formations and connections of trade take precedence over civilizational expansion.
However, the fragmentary nature of social life in the mountains makes the use of general models difficult.

*Prof. Peter van deer Veer* (b. 1953) is director of the Max Planck Institute for the Study of Religious and Ethnic Diversity in Göttingen. He has taught Anthropology at the Free University of Amsterdam, Utrecht University and the University of Pennsylvania. He received the Hendrik Muller Award for his social science study of religion. He is an elected Fellow of the Royal Netherlands Academy of Arts and Sciences and a member of several advisory boards, including The Prayer Project of the SSRC in New York. Van der Veer works on religion and nationalism in Asia and Europe. He published a monograph on the comparative study of religion and nationalism in India and China, entitled The Modern Spirit of Asia. The Spiritual and the Secular in China and India (Princeton University Press, 2013) Among his other major publications are Gods on Earth (LSE Monographs, 1988), Religious Nationalism (University of California Press, 1994), and Imperial Encounters (Princeton University Press, 2001). He was editor or co-editor of Orientalism and Post-Colonial Predicament (University of Pennsylvania Press, 1993), Nation and Migration (University of Pennsylvania Press, 1995), Conversion to Modernities (Routledge, 1997), Nation and Religion (Princeton University Press, 1999), Media, War, and Terrorism (Routledge-Curzon, 2003), Patterns of Middle-Class Consumption in India and China (Sage 2007). Most recently he edited the Handbook of Religion and the Asian City. Aspiration and Urbanization in the Twenty-First Century (University of California Press) Professor van der Veer serves on the Advisory Board of China in Comparative Perspective, Political Theology, and the Journal of Religious and Political Practice. He has just started a new
journal: Cultural Diversity in China.


--------------------------------------------------------------

Zomia Study Group contacts: Koichi Fujita, Mio Horie, Hisashi Shimojo (Center for Southeast Asia Studies, Kyoto University)

東南ア研・バンコク事務所の研究会

新興国の投資国化について。世界史教育でも意識すべきテーマだ。

【第23回研究会】
11/14(火)18:00~19:30
発表者:川端隆史氏
(株式会社ユーザベース チーフ・アジア・エコノミスト兼
株式会社ニューズピックス 編集部 記者)

タイトル「投資国化する新興国、多国籍化する新興国企業」

要旨:もはや新興国は投資の受け手としてだけでなく、投資の担い手として重要性な存
在になりつつある。
マレーシアは2007年、タイは2012年に純投資国化している。また、企業単位でも本拠と
する国から周辺の
ASEAN諸国や中東、東アジアに進出してビジネスを拡大する事例が目立ちつつある。
マレーシアのIHHヘルスケア、タイのCPグループ、フィリピンのジョリビーなどはその
典型事例だ。
本発表では、新興国の投資国化と新興国企業の多国籍化について、マクロデータと企業
研究から分析する。

発表者プロフィール:
1976年栃木県足利市生まれ。
東京外国語大学外国語学部東南アジア課程マレーシア専攻卒業。
99年~2010年、外務省に勤務し、在マレーシア日本国大使館勤務のほか、
情報分析部門で東南アジア情勢や国際テロリズム分析などを担当。
10年~15年、SMBC日興証券でASEAN担当シニアエコノミスト。
2015年8月、Uzabase/NewsPicksに参画。
2016年3月からUzabase Asia Pacificに出向して現職。
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究者共同研究員。
共著書・論文に「マハティール政権下のマレーシア」(アジア経済研究所)、
「東南アジアのイスラーム」(東京外国語大学出版)、
「マレーシア航空を襲った2つの悲劇」(「海外事情」2015年10月号)、
「ハラール・ブームから多文化対応としてのムスリム・フレンドリー環境の形成に向け
て」
(「臨床栄養」2015年2月号)など。

会場:京都大学東南アジア地域研究研究所バンコク事務所
住所:19D, GP Grande Tower, 55, Soi 23, Sukhumvit Rd,
    Klongtoey Nua, Wattana, Bangkok, 10110 THAILAND
   ※会場の19Dの部屋には、玄関を入って右手奥のエレベーターに
    お乗りください。
    左手奥のエレベーターは、A,Bの部屋に通じております。
http://www.cseas.kyoto-u.ac.jp/networks/liason-offices/bangkok-liaison-office/

東南アジアのセクシュアリティ政治についてのセミナー

10月30日にマレーシアのLGBT活動家とインドネシアのウラマーを京都大学東南アジア地域研究研究所に招聘して東南アジアのセクシュアリティ政治に関する以下のようなセミナーを行います。ご関心のある方はぜひご参集ください。

ーーーーーーーーーーーーーー

You are cordially invited to a special seminar for Sexuality Politics in Southeast Asia. The details are as follows.

*Date & Time*: October (Monday) 30, 2017, 14:30 – 18:00
*Venue*: Middle-sized room, third floor at the Inamori building, Center for Southeast Asian Studies (CSEAS), Kyoto University
*Language*: English

Welcome speech and introduction of the project on sexuality politics in Southeast Asia
*Speaker*: Wataru Kusaka (Nagoya University)

*(1) Malaysia*
*Speaker1*: Pang Khee Teik (Seksualit Merdeka / Art for Grabs, Malaysia)
*Title*: The Rights That Shouldn’t Be Fought For: Good LGBTs vs bad LGBTs in Malaysia

*(2) Indonesia*
*Speaker2*: Abdul Muiz (special lecturer at the State Islamic Institute of Syekeh Nujati)
*Title*: Sexuality in Islam: An Islamic Boarding School for Transgendesrs and the Conflict of Religious Interpretation

*(3) Discussion and Q & A*
*Discussants*
: Meredith Weiss (University of Albany, Visiting Researcher of CSEAS)
: Peter Jackson (Australian National University, Visiting Researcher of
CSEAS)

*PANG KHEE TEIK*
Pang is a Malaysian arts consultant, activist, curator, organiser, photographer and writer. In 2008, together with fellow activists and artists, he co-founded sexuality rights festival Seksualiti Merdeka in Malaysia, which presented exhibitions, performances, workshops and talks about sexual orientation, gender identities and human rights in Malaysia.
It was banned by the police in 2011. In 2013, under the Chevening Scholarship scheme, Pang graduated with an MA in Gender, Sexuality & Culture from Birkbeck, University of London. Presently Pang is the director of art & activism bazaar Art For Grabs, which features arts, crafts and social causes, as well as forums and talks on social and political issues.
He remains active in speaking on LGBT issues and capacity building of younger LGBT activists.

*ABDUL MUIZ*
Abdul Muiz obtained a Master degree from the State Islamic Univesrity of Sunan Kalijaga, Yogyakarta. He was an adviser to the Islamic boarding school for transgenders of Al Fatah Notoyudan, Yogyakarta (2009-2011). He is a special lecturer at the State Islamic Institute of Syekeh Nujati, Cirebon (2014 – present).

日仏東洋学会ミニシンポ

来る11月18日(土)、東洋文庫において日仏東洋学会ミニシンポジウム「日仏東洋学交
流史の再検討」を開催致します。参加ご希望の方は準備の都合上、お名前・ご住所・ご
所属(省略可)を明記の上、EmailまたはFaxにて下記連絡先にお申し込み下さい。

-------------------------------------------------------

日時:2017年11月18日(土)14時~17時半(13時半開場)
会場:東洋文庫2階講演室(文京区本駒込2-28-21)
(※使用言語:日本語、入場無料)

14h00 開会挨拶・趣旨説明 彌永信美(日仏東洋学会)

14h15 講演1:藤原貞朗(茨城大学)
「大戦間および戦時のインドシナ学をめぐる日仏東洋学者の学術交流」

15h15 講演2:Fran?ois LACHAUD(フランス国立極東学院)
「宗教と学問の狭間に―ノエル・ペリの世界」

16h15 総合討論:
彌永信美、飯島孝良(親鸞仏教センター)、藤原貞朗、Fran?ois LACHAUD

閉会挨拶:Sophie BUHNIK(日仏会館)

総合司会:牧野元紀(東洋文庫)

主催:日仏東洋学会
共催:東洋文庫、フランス国立極東学院 後援:日仏会館、ジャポニスム学会


【連絡先】
113-0021 文京区本駒込2-28-21
東洋文庫ミュージアム受付
Email: museum[a]toyo-bunko.or.jp
※[a]を@に置き換えて、メールを送信してください。
Fax: 03-3942-0258

※Email、Faxをご使用でない場合はお電話にて承ります。
Tel : 03-3942-0280

比較家族史学会ミニ・シンポジウム

*比較家族史学会研究大会*

*ミニ・シンポジウム「高齢者介護が結ぶ日本と東南アジア諸国」*



【日時】2017年11月18日(土)13:00~16:40



【会場】神戸市外国語大学 第二学舎506教室

神戸市西区学園東町9-1

アクセス:http://www.kobe-cufs.ac.jp/access.html

キャンパス・マップ:http://www.kobe-cufs.ac.jp/campus_map.html



【参加費】1000円



【申込み】事前参加申込み不要




【プログラム】

13:00~13:10 小池誠(桃山学院大学)趣旨説明

13:10~13:40 高畑幸(静岡県立大学)

「日本におけるフィリピン人介護者――結婚移民を中心に」

13:40~14:10 加藤敦典(京都産業大学)

「ベトナムからのケア労働者の『輸出』を支える女性たちの選択」

14:10~14:40 合地幸子(東京外国語大学)

「インドネシアの高齢者ケアを担う移住労働経験者」

14:40~15:10 小池誠(桃山学院大学)

「台湾の高齢者介護を支えるインドネシア人移住労働者」

15:10~15:20 休憩

15:20~15:30 青木恵理子(龍谷大学)コメント①

15:30~15:40 大和礼子(関西大学) コメント②

15:40~16:50 総合討論




*【ミニ・シンポジウム趣旨】*

日本の高齢化が急速に進む中で、介護分野における人材不足は深刻な問題となっている。これはもはや日本国内だけでは解決できない問題であり、2008
年度から経済連携協定(EPA
)の枠組みでインドネシア、続いてフィリピンとベトナムから看護師・介護福祉士候補者の受入れが始まった。また、日本人男性と結婚したフィリピン女性が介護の分野で働くケースも増えている。さらに政府は今年
9月から「介護」という在留資格を創設し、専門学校などで介護福祉士資格を取得したものが日本で働くことができるようになった。さらに、この11
月からは技能実習制度に「介護職」が加わる。このように、日本の高齢者介護をめぐる状況は今まさに大きく変化している。また、高齢者介護を外国人労働者に依存せざるをえないという問題は、日本に先行して台湾・香港など東アジア諸国ではすでに顕著になっている。

本シンポジウムでは、このような問題を日本だけの高齢者福祉の問題として捉えるのではなく、介護労働者を送り出し、または受け入れる、それぞれの国の高齢化と介護、つまり家族の問題として考えていきたい。それぞれフィリピン・ベトナム・インドネシア・台湾でフィールドワークを進めてきた報告者が、各自の研究地域における高齢者とそのケアの問題と、介護労働者として国外に出て行く女性たちの問題を組み合わせて
論じたい。

東南アジア古代史科研第6回研究会のお知らせ

東南アジア学会会員のみなさま

開催間近の案内となってしまいましたが、今週末に以下の日程で、東南アジア古
代史科研第6回研究会(一部一般公開)を行います。

とくに第1部は、7月4日(火)~8月27日(日)に東京国立博物館で日タイ修好
130周年記念特別展「タイ~仏の国の輝き~」が開催されるので、その予習とし
ても最適です。事前予約は不要です。多くの方のご参加をお待ちしております。

お問い合わせは下記、青山のメールアドレスにご連絡ください。

------------------------------------------------------------------------

東南アジア古代史科研 第6回研究会

日時:2017年6月24日(土)13時~16時40分
場所:東京外国語大学 本郷サテライト5階セミナー室
(http://www.tufs.ac.jp/access/hongou.html)
連絡先:青山亨(東京外国語大学 taoyama(a)tufs.ac.jp)

第1部 研究報告
13:00~14:00
原田あゆみ(九州国立博物館)
「タイの彫刻 制作技法と設置方法について」
日タイ修好130周年記念特別展「タイ~仏の国の輝き~」を準備するにあたり、
作品調査や展示をする中で知り得た彫刻の制作技法や設置方法に関する情報を報
告する。ドヴァーラヴァティーの彫刻に残る枘穴と漆喰跡、ラーンナーの仏像か
ら見つかった舎利などについて紹介する。あわせて後世に改変された作例につい
て考察したい。

第2部 論集概要報告
14:10~16:40
仏教美術論集に投稿予定の原稿の概要を報告していただきます。各15分以内。順
番は暫定的なもので変更の可能性があります。
1. 佐藤桂/石川和雅
2. 松浦史明
3. 宮崎晶子
4. 下田一太
5. 小野邦彦
(15分休憩)
6. 山崎美保
7. 寺井淳一
8. 久保真紀子
9. 原田あゆみ
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。