映画が映す東南アジアの内戦・テロと震災・津波

明後日だ!

このたび下記の要領でシンポジウム・上映会を開催します。
内戦・テロや震災・津波などの災いとそれによる喪失を社会はどのように語り受
け止めているかについて、東ティモール、バリ、アチェの経験を取り上げた映画
を題材に考えます。ふるってご参加ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 シンポジウム・上映会「喪失の中の祈りと覚悟:
 映画が映す東南アジアの内戦・テロと震災・津波」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●日時:2018年5月18日(金)13:45~20:30
●会場:国際交流基金 ホール[さくら](東京都新宿区四谷4-4-1)
●プログラム:
13:45 開会
14:00~16:00 参考上映(1) 映画『天国への長い道』
16:15 シンポジウム
報告1「語り得ぬ痛みを分かち合う:テロの語りへの挑戦」西芳実(京都大学)
報告2「紛争はいかに語り継がれるのか:女たちの経験」亀山恵理子(奈良県立大学)
特別ゲスト:深田晃司(『海を駆ける』監督)
モデレーター:山本博之(京都大学)
18:40~20:30 参考上映(2) 映画『ベアトリスの戦争』
●概要:
内戦・テロや自然災害などがもたらす喪失を経験した社会は、その喪失をどのよ
うに受け止めてきたか。バリ島爆弾テロ事件を題材にした『天国への長い道』、
インドネシアから独立した東ティモールの舞台とした『ベアトリスの戦争』、そ
してスマトラ沖地震・津波からの復興過程にあるアチェを舞台とする『海を駆け
る』という3つの東南アジア映画をもとに、災いを経験した人々が喪失をどのよ
うに受け止め、再び立ち上がっていこうとしているのかを考える。

●作品情報
・『天国への長い道』(2006年、インドネシア)※
世界最大のイスラム教徒人口を抱えるインドネシアはイスラムの名によるテロを
どう受け止めたのか。9.11以降に「テロとの戦争」が世界化する中で発生したバ
リ島爆弾テロ事件を、テロの企画者、実行犯、犠牲者、報道の4つの視点から描
くことで恨みの連鎖を避ける道を探る。
・『ベアトリスの戦争』(2013年、東ティモール)※
インドネシア軍による全面侵攻以降、東ティモールにおいて占領が女たちにどの
ような影響をもたらしたのか。ベアトリスの夫は虐殺を逃れたものの行方不明に
なるが、16年後に村に帰ってくる。だが、ベアトリスはその男性が夫であること
に確信がもてない。
・『海を駆ける』(2018年、日本・インドネシア・フランス)
インドネシアのバンダ・アチェの海岸で倒れている謎の男が発見される。災害復
興の仕事をしている貴子はその謎の男にラウと名付けて預かることになる。貴子
と息子のタカシたちの周辺で、謎の男ラウはさまざまな奇跡と事件を巻き起こし
ていく。アチェ州でオールロケを敢行。2018年5月26日より全国劇場公開。
●主催:混成アジア映画研究会、国際交流基金アジアセンター
●協力:京都大学東南アジア地域研究研究所、科研費プロジェクト「物語文化圏
としての東南アジア」
●詳細情報:
http://personal.cseas.kyoto-u.ac.jp/~yama/film/event/20180518laut.html
http://jfac.jp/culture/events/events-e-konsei-asia-2018/
※参考上映される2作品はいずれも日本語・英語字幕つきです。

白山人類学研究会(東洋大)のお知らせ

こちらはトランスジェンダーの話題

「白山人類学研究会」2018年度第2回定例研究会をおこないます。研究会への事前の参加登録は不要です。皆さんの参加を歓迎いたします。

日時:2018年5月28日(月)18:15~
場所:東洋大学白山キャンパス8号館3階 8305教室
http://www.toyo.ac.jp/site/access/access-hakusan.html

*研究会終了後、懇親会をおこないます。

◇発表題目
ブギス社会における性とトランスジェンダー-ビッスとチャラバイ-(仮題)

◇発表者
伊藤眞さん(首都大学東京名誉教授)

◇要旨
 南スラウェシのブギス人は、一般に、イスラーム信仰に篤い人々として知られるとともに、伝統的信仰と慣習を堅持していることでも知られる。そうした多様性を内包した信仰のあり方を、仮に「ブギス教」と呼ぶならば、そうしたブギス教の中心にあったのが「ビッス」と呼ばれる、しばしば宗教的両性具有として特徴づけられてきた儀礼祭司であった。今日、ビッスは、いくたびかの政治的変遷の中で、その社会的役割を大きく変えつつある。彼らに今日、期待される役割とはどのようなものなのか。それについて、ブギス社会におけるトランスジェンダーである「チャラバイ」との対比の中で考えてみたい。

++++白山人類学研究会+++++
112-8606 東京都文京区白山5-28-20
東洋大学社会学部松本誠一研究室内
白山人類学研究会
2017年度幹事: 箕曲在弘・寺内大左
hakusanjinrui(a)gmail.com
+++++++++++++++++++++++

国際ジェンダー学会40周年記念公開講演会

こちらはジェンダーについての講演会。講演者はベトナム系の専門家。

東南アジア学会も加盟しているGEAHSS(人文社会科学系学協会男女共同参画連絡協議会)事務局より、ジェンダーをテーマにした講演会とシンポジウムのお知らせが来ましたので、ご紹介します。

今回の講演会やシンポのDr.Thanh-Dam Truong(タン・ダム・トゥルン)は、
東南アジアの国際観光開発と売買春について議論した『売春:性労働の社会構造と国際経済』(明石書店)の著者ですので、名前をご存知の方もいらっしゃるかと思います。

ぜひご参加くださいませ。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

GEASHSS加盟学会の国際ジェンダー学会です。


国際女性学会の設立(1977年)からおよそ40年、本学会は国際ジェンダー学会(2003年に名称変更)として、着実な歩みを続けています。2018年6
月、さまざまな会員の皆様のご協力のもとに40周年記念の公開講演会を開催する運びとなりました。


つきましては、この件、ギースにかかわる学協会の皆様に広くお知らせいただけますと幸いです。



国際ジェンダー学会40周年記念公開講演会

「人間の安全保障と市民社会‐ジェンダーの視点から過去を振り返り未来を見据える」

主催: 国際ジェンダー学会・昭和女子大学

日時:2018年6月6日(水) 15:30-17:00(開場 15:00)

会場:昭和女子大学 人見記念講堂

東急田園都市線(半蔵門線直通)「三軒茶屋」駅下車 徒歩7分



講師・講演タイトル(使用言語は英語です)

----

Susan Pharr教授(スーザン・ファー)(ハーバード大学教授、同大学ウェザーヘッド国際問題研究所 日米関係プログラム所長)



講演タイトル: What's Ahead? Japan and Japanese Women in Two Decades

----

Thanh-Dam Truong 博士(タン・ダム・トゥルン)(移民・人間の安全保障とジェンダーの研究者、前オランダ国立社会科学研究所(ISS)准教授)



講演タイトル: Securitizing borders in the EU: Implications for Understanding Gender, Race, Sexualities and Migrants' Access to Social Citizenship



司会 坂東眞理子(昭和女子大学理事長・総長)

ごあいさつ 上村協子(東京家政学院大学教授・国際ジェンダー学会会長)



*本公開講演会には事前の申し込みが必要です。次のサイトからお申込みください。



参加申し込み 次のサイトからお申込みください。

https://goo.gl/forms/OuG8RYCIqJzgMgxj2

[image: cid:image001.jpg@01D3E86C.4F9BA9F0]



あわせて日本学術会議と共催のシンポジウムにつきましてお知らせ申し上げます。こちらは事前申し込み不要です。

6月9日 公開シンポジウム「移民と人間の安全保障をジェンダー視点で考える」



主 催:日本学術会議

共 催:国際ジェンダー学会

日 時:平成30年6月9日(土) 13:30-17:30(13:00開場)

場 所:日本学術会議講堂 〒106-8555 東京都港区六本木 7-22-34

(アクセス)東京メトロ千代田線「乃木坂」駅5番出口

(申し込みは不要です。直接会場に起こしください)



講師・講演タイトル

Dr. Thanh-Dam Truong(タン・ダム・トゥルン博士)(前オランダ国立社会科学研究所(IISS)准教授)

Securitizing borders in the EU: Implications for Understanding Gender, Race, Sexualities and Migrants' Access to Social Citizenship (逐語通訳付)



伊藤るり (津田塾大学教授)

移住家事労働の拡大と「人間の安全保障」――日本社会にとっての含意



討論者・テーマ

尾家康介 (弁護士・広尾パーク法律事務所)

人間の安全保障と現代の奴隷――日本の移住労働者

齋藤百合子 (明治学院大学国際学部客員教授)

人身取引後の人間の安全保障――移民女性の視点から

柘植あづみ (明治学院大学社会学部教授、日本学術会議連携会員)

性から考える人間の安全保障の課題



司会・ごあいさつ

河野銀子(山形大学学術研究院教授、日本学術会議連携会員)

池田恵子(静岡大学教育学部教授)

天童睦子(宮城学院女子大学一般教育部教授、日本学術会議連携会員)

マレーシア総選挙の分析

92歳のマハティールの返り咲きに驚いた人も多いだろう。
それに関するセミナーの案内。


研究セミナーのお知らせ

テーマ:2018年マレーシア選挙とは何だったのか

日時: 2018年5月31日(木) 18:00-20:00
場所: 慶應義塾大学三田キャンパス 東館 G-Lab 6/7階
https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html

報告:
(1) 選挙データからみた政権交代の要因
鷲田 任邦 (東洋大学)

(2) なぜ政権交代は起こったのかー選挙キャンペーンからの予備的考察
伊賀 司 (京都大学)

(3) 政党間関係と今後の展望
中村 正志 (アジア経済研究所)

参加方法: 無料・登録不要
問い合わせ: 粕谷 祐子 (ykasuya(a)law.keio.ac.jp)

主催: 科研基盤(B)アジアにおける独裁と民主主義の
歴史的起源/東南アジア比較政治研究会

シンガポール国立大アジア研究所のカンファレンス案内

ベトナム研究の若手によるMLで回ってきた。

CALL FOR PAPERS (DEADLINE: 25 MAY 2018)

SHIFTING UNDERGROUNDS IN EAST AND SOUTHEAST ASIA
Transformations and Declinations of Cultural Self-Expressions and Communities in Cityscape

DATE : 25-26 October 2018
VENUE : Asia Research Institute, Seminar Room
AS8 Level 4, 10 Kent Ridge Crescent, Singapore 119260
National University of Singapore @ Kent Ridge Campus
WEBSITE : https://ari.nus.edu.sg/Event/Detail/406a8c93-de22-4123-9c51-9cf0dd02b613


Organised by Asia Research Institute, National University of Singapore, in collaboration with National Gallery Singapore.

Cities are fertile ground for experimental cultures and communities. From Gutai group to hip hop and from punk to Dada, disparate forms of self-expression have organically emerged from the cultural and ideological ruptures of the urban fabric. While the enhanced notion of freedom, anonymity and greater diversity of population are traditionally perceived as facilitating circumstances to a more liberal and democratic urban atmosphere (Jacobs 1961; Young 1990; Sennett 1994), these empowering possibilities have become increasingly contested under growing surveillance, gentrification, privatization and social inequality.

Existing scholarship on subcultures and countercultures provides insightful studies especially on youth cultures and their subversiveness towards establishment and consumerism. Yet their attention is often limited to a specific contemporary form (e.g. zines, punk, fashion) while the otherwise insightful contextualization neglects the possible historical connections and parallels with other cultural forms, such as modern and contemporary art. By taking undergrounds as the conceptual lens, this conference seeks a more holistic understanding of experimental cultures, their interrelations, past traditions and current, even apolitical, positions and (non-)spatial adjustments in the urban environment. Building on the perceptions that challenge the existing paradigms of alternative cultures’ ability to resist neoliberal market economy and the empowering forces of anonymity and diversity in cities, the aim is to critically analyse the intricate sociopolitical and cultural dynamics that continuously reposition undergrounds in East and Southeast Asian cities today. Given that the geopolitical and sociocultural circumstances are continuously changing, the questions of whether undergrounds can survive in conditions of strengthening censorship, or whether they are needed after a change of regime are ever more timely. Besides spatial and ideological strategies, attention is also given to the formal and stylistic dedications of undergrounds. Further studies on the processes of conceptual situating across temporal and spatial scales can illuminate whether undergrounds today are to be understood as alternative tangible spaces with limited access, as vernacular radicalism (Duncombe 1997), as a cultural philosophy to exist outside of the mainstream (Graham 2010), and/or as a form of cosmopolitanism urbanism (Martin-Iverson 2014).

To critically re-examine what kind of social, ideological, cultural or conceptual significance undergrounds may still have in East and Southeast Asian cities today, this conference seeks new methodological and theoretical approaches that decipher the trajectories and narratives of undergrounds in relation to the geopolitical and sociocultural transformations and their impact on the urban environment. Questions to be addressed include but are not limited to the following:

• What sociopolitical and cultural circumstances have historically contributed to or are currently transforming the changing position of undergrounds in East and Southeast Asian cities?
• What kind of conceptual, theoretical or formal validity might undergrounds have amidst the changing geopolitical circumstances in the region and growing transnational forms of collaboration? Can undergrounds be both apolitical and subversive at the same time?
• How do current ideological frameworks, social dynamics and individual aspirations manifest themselves in and benefit from the urban environment? What kind of driving or hindering forces are produced by current cultural policies, urban redevelopment and transnational mobility in cities?
• What kind of novel spatial, formal and aesthetic strategies are underground communities employing in order to maintain their activities, interact with audience and negotiate with the local authorities? Is it possible to be both independent from official / institutional support and avoid commercialization?
• How do underground spaces, co-operatives, collectives and cultural forms position themselves in response to (local) cultural policies to circumvent possible (self)censorship and to expand their networks across the national borders? What kind of Inter-Asia connections are emerging?

In collaboration with National Gallery Singapore, a one-day film seminar of curated screenings, talks and panel discussions will follow the conference on Saturday (27 October 2018) at the gallery.

Easily reproducible and disseminated, the medium of the moving image was adapted by artists working with readily available video or digital recording equipment, and making experimental or subversive work in response to shifts in cultural and political climates. The term ‘underground’ in film (Vanderbeek 1961) has been consciously adapted by those seeking to express aspects of countercultures, the marginal, and transgressive in the face of hegemonic value systems represented by mainstream cultures. Meanwhile, the notion of the avant-garde focuses on self-conscious use of the film medium, drawing upon radically dissenting techniques that include fragmentation, multiple interpretive possibilities, non-linear narratives, and esoteric approaches.

Moving image works primarily from Southeast Asia and wider Asia will be shown, accompanied by talks and panel discussions. Possible issues and points of query include the following:

• What are limits and possibilities of representation and experimentation in the medium of the moving image, and how do these innovations in form relate to the lived experience of subversion? Did notorious ‘underground’ practices shift towards the mainstream due to the reproducibility of the medium?
• What are productive ways to investigate relationships between the globalised form of expression that is the film medium, the international tendencies of the avant-garde, and the role that cinema has played in fostering group or national identities? Is it possible to write a history of experimental film nationally, or even across the region?
• With reference to Steyerl’s ‘poor image’ (2009), how did underground film practice and the circulation of images evolve from the mid-20th century until today, against the backdrop of a progressing technology and affordable distribution possibilities such as VHS, DVDs or the internet?

Curators: Sam I-shan, Silke Schmickl, Seng Yu Jin
Curatorial Programmes: Tamares Goh


SUBMISSION OF PROPOSALS

Paper proposals should include a title, an abstract (250 words maximum) and a brief personal biography of 150 words for submission by 25 May 2018. Please note that only previously unpublished papers or those not already committed elsewhere can be accepted. The organizers plan to publish a special issue with selected papers presented in this conference. By participating in the conference, you agree to participate in the future publication plans of the organizers. Hotel accommodation and a contribution towards airfare will be provided for accepted paper participants (one author per paper).

Please submit your proposal using the provided template to Ms Tay Minghua at minghua.tay@nus.edu.sg. Successful applicants will be notified by 11 June 2018 and will be required to send in a completed draft paper (5,000-8,000 words) by 14 September 2018.


CONFERENCE CONVENORS

Dr Minna Valjakka
Asia Research Institute, National University of Singapore
E | arivmk(a)nus.edu.sg

Dr Kiven Strohm
Department of Sociology, National University of Singapore
E | kiven.strohm(a)nus.edu.sg

2018年度ビルマ研究会

2018年度ビルマ研究会を5月12日(土)-13日(日)に九州大学(箱崎キャンパス)にて開催いたします。

本年は、8件の報告がございますので、皆様ふるってご参加ください。

参加をご希望される方は、下記3.より4月22日(日)までにご連絡をお願いいたします。

1.会場:九州大学 箱崎キャンパス 文系地区

https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/campus/hakozaki#

文系共通講義棟102教室 (下記の地図、文系地区12の建物)

https://www.kyushu-u.ac.jp/f/32760/2018hakozaki.pdf

2.懇親会:2018年5月12日(土) 17:30~19:30

会場:九州大学箱崎キャンパス内(文系生協食堂)

会費:3,500円

※ 参加者数によって会費が若干変わる可能性があります。

3.参加をご希望される方は、以下のサイトで、4月22日(日)までにお申込みください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScYQgCv1aBNk_UGY61eCItCG_g2eMy8BhTHQSTG-zZjJCBCOQ/viewform

*******プログラム********

5月12日(土)
13:30-14:00 受付
14:00-14:10 開会の挨拶

セッション1 司会:水野敦子
【報告1】14:10-14:50 藤田直子(九州大学芸術工学部)
「ヤンゴンを変えずに変えられるか -インタビューサーベイを通した市民の暮らしと価値観-」
【報告2】14:50-15:30 飯國有佳子(大東文化大学国際関係学部)
「ビルマ宗教再考のための試論:タイッに関する言説を中心に」

休憩 15:30~15:50

セッション2 司会:飯國有佳子
【報告3】15:50-16:30 松田正彦(立命館大学国際関係学部)
「ミャンマーの巻き煙草―原料産地の共進化―」
【報告4】16:30-17:10 髙橋昭雄(東京大学東洋文化研究所)
「パゴダの経済効果:シュエテインドーパヤーの事例から」

懇親会17:30~19:30 於:九州大学 箱崎キャンパス内 文系生協食堂

5月13日(日)
8:40 開場

セッション3 司会:松田正彦
【報告5】9:00-9:40 谷祐可子(東北学院大学経済学部)
「ミャンマーにおける森林林業分野の国際援助プロジェクトの特徴とその背景」
【報告6】9:40-10:20西川浩平(洗足学園音楽大学)
「ミャンマー・チン州に伝承される鼻笛文化および太平洋地域の鼻笛文化との比較調査」

休憩 10:20-10:40

セッション4 司会:藤田直子

【報告7】10:40-11:20 Dr. San Tun (Dagon University) “The Concept of Self in Myanmar Philosophical Thought”
【報告8】11:20-12:00 鹿野雄一(九州大学決断科学センター)
「ミャンマーの観光地『インレー湖』の現状と魚類相」
以上
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR