第259回東南アジア考古学会例会のご案内

1990年代から進んだ東南アジアで見つかる伊万里焼の研究は、日本史の高校教科書でそろそろ取り上げられてもいいだろう。


第259回東南アジア考古学会例会をご案内いたします。今回は、NPO法人アジア文化財協力協会との共催です。是非ご参加下さい。
 なお、参加を希望されるかたは、事前にその旨を office@jsbss.org までメールいただけますようようお願い申し上げます。

期日:4月14日(土)
  時間:午前10時〜12時
  場所:東京文化会館中会議室(JR上野駅公園口下車0分)
  内容:
   10時〜11時15分 大橋理事長講演
    「柿右衛門様式後の柿右衛門窯が作った色絵」
   11時20分〜11時50分 坂井副理事長講演
    「ベトナム産タイルの源流を訪ねて-インドと中央アジア」
 会場の規定により、参加人数が40人の定員になった時点で締め切りとさせていただきます。


****************************************
問い合わせ
〒230-8501
神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-3
鶴見大学6号館文学部文化財学科
田中和彦研究室内 東南アジア考古学会事務局
E-mail: jssaa(a)jssaa.jp

ベトナム語受講生募集・人気上昇中

受講生募集‼
 ベトナム語講座「初めてViet」第二弾を2018年4月開講
当会では今年2月より、ベトナム語初心者講座「初めてViet」を開講していますが、好評につき「初めてViet」第二弾を4月より開講致します。このコース修了者には習熟度に応じて初級コース、中級コースを設けています。

ベトナム語「初めてViet」第二弾のご案内
初めてベトナム語を学ぶ方のためのコースです。
コースの期間を短く(2ヶ月)し、基本的な発音と会話を学び、ベトナム旅行・出張時に現地で簡単な会話(挨拶・自己紹介)が通じることを目指します。気軽にベトナム語に触れられて、入門し易いコースです。
教室 :    友好協会事務所 他
受講資格:   日本ベトナム友好協会会員
        (会員でない方は入会をお願いします。)
受講料:    「初めてViet」 全8回 16,000円   
  1回/2時間/週  
協会会費:   入会金 1,000円 、 会費 1,000円/月
申込締切:   受講者4人以上で開講します。7人で締め切ります。
開講予定:   2018年4月中旬~
開講曜日、時間帯は目下検討中です。(現在は毎週火曜日19:00~21:00です。)
受講希望の曜日、時間帯(午前、午後、夕刻など)を第三希望まで書いて、お申込みください。 例えば、午前10時~12時、午後1時~3時、4時~6時、7時~9時など。

ご質問等は下記へお願いします。
                 
問い合わせ・申し込みは http://nhatvietosaka.jp/hoc_tieng_Viet/pg661.html

バングラデシュ研究会・ゾミア研究会

京都大学でのイベントのお知らせです。今月下旬(3月21日と23日)に、東南アジア地域研究研究所に、ウィレム・ファン・スヘンデル(Willem van
Schendel)教授(アムステルダム大学)をお招きし、二回発表していただきます。
ファン・スヘンデル氏は、バングラデシュ近代史研究の第一人者であると共に、アジアを中心とする国境の比較研究もリードしてきました。また、東南アジア研究と南アジア研究を主な文脈として、地域研究のあり方について新鮮な視点を繰り返し提示しています。(「ゾミア」という造語を最初に提案したのもvan
Schendel氏です。)

ファン・スヘンデル氏のプロフィール:http://www.willemvanschendel.com/
氏による論文のの多くは、https://uva.academia.edu/WillemVanSchendelでダウンロードできます。

21日の発表(バングラデシュ研究会主催)は、*Rethinking Flows, Spaces and Visualisation in Asian
Studies*という題です。
23日の発表(ゾミア研究会主催)は、*Fragmented Sovereignty and Unregulated Flows: The “New Silk Road” and the Bangladesh-China-India-Myanmar Corridor*という題です。

両日とも、ファン・スヘンデル氏の発表に先立ちまして、主催研究会メンバーによる短い発表も予定しております。

どなたでも自由に参加できるオープンな研究会です。事前登録などの事前の手続きは必要ありません。ぜひお気軽にご参加ください。

日時:2017年3月21日(水)13:30~17:15
日時:2017年3月23日(金)14:00~18:15
会場:京都大学東南アジア地域研究研究所・稲盛財団記念館201号室(東南亭) https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/
プログラム:下記英文の案内をご参照ください。
(両イベントとも、京都大学東南アジア地域研究研究所・共同研究会「雲南・カチン・アッサム回廊」(代表:今村)との共催です。)

今村真央(山形大学)





You are cordially invited to the following two seminars with *Prof. Willem van Schendel* (University of Amsterdam), to be held at the Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University. The first event will take place on March 21, 2018 and the second March 23, 2018.



*①* *March 21, (Wed) 2018*

*Bangladesh Study Group (KINDAS) *



Date and Time: March 21 (Wed), 2018. 13:30-17:15

Venue: Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University

Inamori Memorial Building Room 201 (Tonantei)

https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/



*Program:*


Part I: 13:30-15:20 Presentations (Each presentation will be followed by
discussion)



1) 13:30-13:50 Presentation by Mineo Takada (Professor, Hiroshima Shudo
University)

2) 13:50-14:10 Presentation by Minamide Kazuyo (Associate Professor,
Momoyama Gakuin University)

3) 14:10-14:30 Presentation by Ai Sugie (JSPS Research Fellow, Research
Institute for Languages and Cultures of Asia and Africa, Tokyo University of Foreign Studies)

10 minutes break

4) 14:40-15:00 Presentation by Kenmei Tsubota (Research Fellow,
Institute of Developing Economies)

5) 15:00-15:20 Presentation by Koichi Fujita (Professor, Center for
Southeast Asian Studies, Kyoto University)



*Part II: 15:30 – 17:15*


*15:30-16:15 “Rethinking Flows, Spaces and Visualisation in Asian Studies”
by Willem van Schendel (University of Amsterdam)*

16:15-17:15 Discussion



*Abstract* for “Rethinking Flows, Spaces and Visualisation in Asian Studies” by Willem van Schendel


The flows and networks that shape the lives of billions of Asians develop, fragment and recombine continually. A more systematic understanding of these dynamics is indispensable for the future of Asian studies. We know much about the vast and long-lived networks that historically drew large parts of Asia together. Such key networks sustained the spread of Buddhism and Islam, the rise of empires, and patterns of mass migration and long-distance trade. Understanding these is imperative for anyone wishing to sketch the broad contours of inter-Asian connectivity today.

But these connections hardly provide a full picture.
Attention to sweeping interconnections should not impede the exploration of finer details and more quirky linkages, not least because the major inter-Asian networks bypassed many parts of Asia. How did and do these parts connect to other spaces?

I use the example of an Asian society that was barely involved in the sweeping interconnections to argue for a repositioning of the study of Asia that goes beyond simply linking the core concerns of ‘area studies.’ This society sits astride two major Asian regions: South Asia and Southeast Asia. The literature constructs it as isolated, peripheral, and, until very recently, without important external connections.

I challenge this view and try to demonstrate the remarkable fluidity of networks and how they recombine in unexpected ways. Paying closer attention to such recombinations may advance the study of Asia. Unfamiliar connections radiating from the ‘fault lines’ of Asia knowledge – from the borderlands between the conventional regions of area studies – can provide a starting point.



(This event is co-organized by the Joint Research Project of CSEAS “Yunnan-Kachin-Assam
Corridor: Will China, Myanmar and India Connect in the Interior?” (Contact:
Masao Imamura, Yamagata University. imamuraimamura(a)human.kj.yamagata-u.ac.jp




——————————————————————————————————————


②* March 23 (Fri), 2018 *

*The 34th Zomia Seminar—with Prof. Willem van Schendel*



Date and time: March 23 (Fri), 2018. 14:00-18:00

Venue: Center for Southeast Asian Studies, Kyoto University

Inamori Memorial Building Room 201 (Tonantei)

https://kyoto.cseas.kyoto-u.ac.jp/



*Part I 14:00 - 15:45*


14:00 – 14:20 “War, Gender and Memory: Circulation of Conflicting Narratives about a Naga Female Interpreter and a Japanese Soldier during WWII in the Tangkhul Naga area of Manipur, Northeast India” by Makiko Kimura (Tsuda Women’s University)

14:20-14:40 "Santali language print media and the Jharkhand imagination."
Nishaant Choksi (Kyoto University)

14:40-15:00 “Metageography and Area Studies: Is “Zomia” a place-name or a concept-metaphor?” by Masao Imamura (Yamagata University)



15:00 – 15:45 Discussion


15:45-16:00 Break



*Part II 16:00 - 18:00*


*16:00 – 17:00 “Fragmented Sovereignty and Unregulated Flows: The “New Silk Road” and the Banglaesh-China-India-Myanmar Corridor” **by Willem van Schendel (University of Amsterdam)*

17:00 – 18:00 Discussion



*Abstract* for “Fragmented Sovereignty and Unregulated Flows” by Willem van Schendel

In recent years, the idea of the Silk Road has been reconceptualised as an inter-state enterprise led by China – a politically and culturally sanitised venture in which engineering feats and economic planning will lead to a ‘win-win attempt for all.’ In this talk I look at the frailties of such technocratic planning in view of flows and networks that states cannot control, or even clearly perceive. I consider an ‘economic corridor’
that links the overland and maritime Silk Roads – the stretch of land connecting Kunming and Kolkata across Myanmar and Bangladesh. This corridor presents many of the obstacles that the ‘New Silk Road’ is likely to face, notably distrust among states, implementation deficits, fragmented sovereignty and the vigour of unregulated flows across international borders. My presentation suggests that the plan, far from offering a ‘win-win’ solution, will produce unintended and unpredictable outcomes with many losers.



(This event is co-organized by the Joint Research Project of CSEAS “Yunnan-Kachin-Assam
Corridor: Will China, Myanmar and India Connect in the Interior?” (Contact:
Masao Imamura, Yamagata University. imamuraimamura(a)human.kj.yamagata-u.ac.jp

JETROアジア経済研究所の職員募集

http://www.ide.go.jp/Japanese/Recruit/management.html

【問合せ先】
日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所
研究企画部 研究人材課
TEL:043-299-9528 FAX:043-299-9724
E-mail:ide-recruit[a]ide.go.jp
※なお、お問い合わせはできるだけ上記メールアドレス宛にお願い致します。

※お問い合わせの前に「よくある問い合わせ」ページもご覧下さい。
http://www.ide.go.jp/Japanese/Recruit/faq.html

東南アジアに関する共同研究の公募

京都大学東南アジア地域研究研究所では、現在、平成30年度の共同研究を公募しています。

本公募は、研究所が推進する共同利用・共同研究「東南アジア研究の国際共同研究拠点」の活動として行います。

共同研究はタイプ別に分けられており、バンコク・ジャカルタ海外連絡事務所の利用、外国人研究者の招聘など研究所独自の特色を活かしたもののほか、将来の発展を見越した萌芽型の共同研究、若手の個人研究支援など、計6つのタイプからなります。
公募要領、申請書類は、ホームページ上で公開中です。ぜひご確認ください。

https://ipcr.cseas.kyoto-u.ac.jp/open_recruitment/

締切:H30年4月9日(月)

※ 本年の公募から、締切を4月としました。


本年の公募から、「研究所の所員を研究組織に最低1名含める」という従来の条項に加えて、研究内容に即した適当な所員を、事務局側が紹介するという新たな対応を始めました。
 これにより、所員と直接的なつながりを持っていない方でも、より気軽に応募できるようになったのではと期待しています。事前のご相談をお待ちしています。

以上、よろしくお願いいたします。

----------------------
「東南アジア研究の国際共同研究拠点」事務局
小泉順子 小林知 坂本龍太

シンガポールのセミナー

シンガポール国立大学(NUS)アジア研究所(ARI)にて、下記のとおりセミナーを開催いたします。ARI研究員やNUS東南アジア学科のメンバーらとの研究交流も意図しています。当日、近くにおられましたらどうぞご参加ください(長津一史・東洋大学)。

[ARI Cluster Seminar]
Religionization at Margins in Insular Southeast Asia: Introducing Recent Southeast Asian Studies in Japan Date : 20 Mar 2018 Time : 10:30 - 13:00 Venue : Asia Research Institute, Seminar Room, AS8 Level 4, 10 Kent Ridge Crescent, Singapore 119260, National University of Singapore @ KRC

https://ari.nus.edu.sg/Event/Detail/4b0bd8a7-7066-41db-ab99-321b0809d947

***PRESENTATIONS***
Islamization Compared: The Cases of the Bajau in Sabah, Malaysia and Eastern Indonesia
Kazufumi Nagatsu. Toyo University, Japan, and National University of Singapore

To Become “Christian Bajau”: The Sama Dilaut’s Conversion to Pentecostal Christianity in Davao City, Philippines, 1997-2005
Waka Aoyama. University of Tokyo, Japan

Islam and “Bissu” among the Bugis, in South Sulawesi
Makoto Ito. Tokyo Metropolitan University, Japan

***COMMENTARY REMARKS***
Leonard Y. Andaya. University of Hawaii, USA, and National University of Singapore

***ABSTRACT***
This seminar aims at introducing recent Southeast Asian studies in Japan focusing on the religionization of marginalized peoples, such as minorities or peoples in the peripheries in Insular Southeast Asia. In the last few decades, the national religious authorities have shaped public affairs and deeply intervened in the every-day religious lives in Malaysia and Indonesia, while global non-governmental missionaries have extended their outreach activities to the least visited communities in the Philippines and Indonesia. Experiencing these modern religionization process, religious life of the marginalized peoples has changed more drastically than that of the mainstream societies. The reason is that the religious order of the modern nation-states or global missionaries is configured on the basis of the ideals, values and concepts of the mainstream societies which are often far different from those of the marginalized peoples. How have such marginalized peoples reorganized their religious lives in the religionization process? This general question will be addressed in the following three presentations in this seminar: Islamization of the Bajau in Sabah, Malaysia and eastern Indonesia; Christianization of the Sama Dilaut/Bajau in Mindanao, the Philippines; and cultural reorientation of “Bissu” or androgynous priests among the Bugis, in South Sulawesi, Indonesia.

***
The seminar is jointly organized by Asia Research Institute, National University of Singapore; International Program of Collaborative Research-CSEAS, Kyoto University; JSPS KAKENHI Grant Number 17K18533; and Asian Cultures Research Institute, Toyo University.
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR