スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日の阪大歴教研

もう明日だ!

大阪大学歴史教育研究会第106回例会につきまして、以下の通りご案内申し上げます。

日時:2017年6月17日(土)13:30~17:30

会場:大阪大学豊中キャンパス文学研究科本館2階大会議室

プログラム:
【1】梅津正美(鳴門教育大学大学院学校教育研究科教授)
「市民的資質育成における歴史教育-歴史授業改革論の位相-」
【報告要旨】
 学校歴史教育の基本的な性格は、市民的資質育成教育(民主主義社会の形成者としての市民に求められる資質・能力を育成する教育)であると規定し議論を展開したい。
 主に社会科教育学会において、市民的資質育成の観点から歴史授業改革論として主張されてきている、①理論批判学習、②解釈批判学習、③解釈構成学習、④規範反省学習、⑤価値判断学習、⑥社会形成学習の6類型の特質と課題を紹介することを通じて、目標とする市民的資質(資質・能力)の単元・授業レベルでの規定と内容・方法とを一貫して論じる方法論に基づく各改革論の位相を明らかにする。すなわち、これらの改革論が、過去の出来事の教授という伝統的な歴史教育観への批判を共通の認識としながら、歴史認識から社会認識へさらに社会形成へ、事実・価値二元論から事実・価値一元論へ、知識の合理性から知識の正当性への転換に対応しながら展開してきていることを論じる。本議論のまとめとして、各改革論を踏まえながら、高校を中心に学校歴史教育課程のあり方を展望する。

【2】高大連携歴教研第1部会WG
「世界史用語の精選について」
 ・矢部正明(関西大学中等部・高等部教諭)
 ・伊藤一馬(大阪大学大学院文学研究科助教)
【報告要旨】
 2022年度からの「歴史総合」および「日本史(世界史)探究」科目の新設は、世界史・日本史を別科目とするこれまでの枠組みを崩し、かつ歴史「で」考えることを重視する姿勢を鮮明化した。一方、高等学校の現場からは膨張する歴史用語の説明に追われ、歴史的思考力を育成する授業を行う余裕がないという声も多くあがっている。こうした現状をふまえ、高大連携歴史教育研究会第1部会ではワー キンググループを立ち上げ、歴史用語の「精選」 案の作成を進めている。
 本報告では前回例会における日本史用語精選作業の中間報告を受け、世界史用語精選作業に関する中間報告を行う。参加者との討議を通じて、成果と課題を共有し、7月末の高大研第 3回大会で、よりよい用語精選案を提示できればと考えている。

受贈書2点

大事な本がどんどん出る。

イメージ (80)   イメージ (79)

共謀罪と韓流ドラマ

またまた忙しくてブログまで手が回らないうちに、共謀罪も国会を通過してしまった。
呆れるしかない。そこまでして日本を二流の権威主義国家にしたいか。
そこまでして「アジアで唯一の近代国家」という過去の栄光にしがみつきたいか。

そういう怒りばかり書いてるわけにもいかないので、FBにも書いた話題をひとつ。

CSで韓流ドラマ「千秋太后」を見ているうちに思い出した(まだ愛人になるキム・チヤン[金致陽]と出会ったばかり)。これは私が『中世大越国家の成立と変容』(第七章「一族の事業としての陳朝」)の大越と日本・高麗の王室族内婚の共通点と差異を論じた部分で取り上げた人物(献哀王太后)ではないか。あのへんの数代については『高麗史』から自分で系図を作ったのをすっかり忘れていたw。「女性大活躍」と「渤海・女真・契丹問題」「高麗内部の新羅系勢力」などをからめたドラマだが、これをみるとベトナムの皇太后ドラマも十分できるを、あらためて思う。とりあえずドラマを作るなら、族内婚の時期ではないが、夫の亡き後に幼子をかかえて権力を握った10世紀末の楊太后とか11世紀李朝の倚蘭夫人=霊仁皇太后あたり。楊太后や霊仁太后が宋軍をばったばったと切り捨てるなんていうのもできそう。霊仁太后に仕えた名将李常傑(宦官と信じ込まれているが疑う余地がある)を太后の愛人だったという設定にしたりすると、ベトナムで暴動がおこるかな? 夫の死後に愛人に権力を握らせ「悪女」とされる皇太后の立場の「大胆な見直し」なら李英宗の母親の感聖皇太后。

ライデン大学でグローバルヒストリーの会議

オックスフォードをハブにしたグローバルヒストリーネットワークの一員であるオランダの名門ライデン大学に、スウェーデン史の古谷さん、アメリカ史の中島さんおよび東南アジア史の岡田ポンさまと4人で行ってきた。米日など特定の「キャンパス」があるのと違いヨーロッパの古い大学は街に溶け込んでいる。ライデンもそういうところだった。
  DSC01393.jpg  DSC01398.jpg
DSC01401.jpg  DSC01403.jpg
異常気象でとても寒かったし、シンポは日本でもよくあるバラバラな内容の寄せ集め感もあったのだが、大航海時代の南アジア・西アジア宮廷の王権神秘化のやり方(初日)、近世を中心とした広域交流の担い手や結節点(2日目)、現代の国際秩序(3日目)などそれぞれで興味深い内容があり、面白い若手と知り合えて点、阪大の存在感を示せた点など、収穫が少なくなかった。

しかし行ってる間も帰ってからも、マリーンズ(とファイターズ)はどうしてあんなに悲惨なことになったのだろう。今年はゴールデンイーグルスの年? ペゲーロはいいなあ。

第254回東南アジア考古学会例会

第254回東南アジア考古学会例会のご案内
うーん、とても聞きたいがこれは阪大歴教研で私がしゃべる日。。。

 第254回東南アジア考古学会例会をご案内いたします。今回は、NPO法人アジア文化財協力協会公開講演会(江戸遺跡研究会後援)との共催です。
ご出席いただきますようお願い申し上げます。

 日時:2017年4月15日(土) 14時〜16時

 講演者:大橋康二(NPO法人アジア文化財協力協会)
「日本などにおいて出土の明清の中国磁器(染付を中心に)」


場所:東京都埋蔵文化財センター
住所:〒206-0033 東京都多摩市落合1丁目14−2 電話 042-373-5296


交通1:「新宿駅」から京王線に乗り、「調布駅」で京王相模原線に乗り換えて「京王多摩センター駅」へ。徒歩5分      
  2:羽田空港バスのりばからリムジンバスで「京王多摩センター駅」へ。徒歩5分


問い合わせ
〒230-8501
神奈川県横浜市鶴見区鶴見2-1-3
鶴見大学6号館文学部文化財学科
田中和彦研究室内 東南アジア考古学会事務局
E-mail: jssaa(a)jssaa.jp

倭寇と倭寇図像をめぐる国際研究集会「東アジアの合戦図を考える―清朝編」

海域アジア史のメールでリマインドが来た。
倭寇図の話は新聞にも出たりしていたが、面白そう。

倭寇と倭寇図像をめぐる国際研究集会「東アジアの合戦図を考える―清朝編」
〈趣旨説明〉板倉聖哲(東京大学東洋文化研究所)
〈 報告 〉馬 雅貞(清華大学歴史研究所)
  「戦勲を絵に刻む―清朝帝国における武功の文化的構造」
日時:4月6日(木)16:00~18:00
会場:東京大学史料編纂所大会議室(福武ホール地下1階)
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。