ゴールデンイーグルスの優勝

ベトナムからの帰国前後は、近年へばると発病するマイコプラズマ肺炎などしんどいことが重なり、しばらくブログを書く気力がなかったが、その間にゴールデンイーグルスがぶっちぎりの優勝を決めてしまった。
マリーンズ以下の各チームのふがいなさには言いたいことがたくさんあるが、まずは創立時の超弱体チームが9年かけて優勝したことを讃えたい。

何度も書いたように星野仙一監督は気に入らないのだが、そういうことを忘れさせるのは、優勝の翌朝の毎日が一面に書いていたように、2011年4月29日のKスタ宮城での「絶対に見せましょう、東北の底力を」をいう嶋基宏のスピーチだろう。Youtubeその他、ネットに山ほどアップロードされているが、感動的ないいスピーチだと私も思う(たしか当日も、ニュースかなにかで聞いた気がする)。

野村克也は監督として、優秀なキャッチャーを育てた。傑出しているのはゴールデンイーグルス誕生につながった球界の騒動で、選手会長として活躍した古田敦也である。成績はまだ古田に遠く及ばないが、嶋もあのスピーチで確実に「球界に名を残した」。どちらも、プレーだけでなく、球界と社会に発言できる選手である点がすばらしい。野村がそういうことに興味があったかどうか疑問だが、こういう「発言できる」キャッチャーたちを育てた野村の功績は大きいのだと思う。

数字は低いが、チームに溶け込み若手選手を鼓舞し、要所では決定打も放ったアンドリュー・ジョーンズは、選手人生の晩年にとてもいい仕事、本人にとってもすごくいい経験をしたのではないか。

ゴールデンイーグルス以外では、前田智徳、小野晋吾に藪田安彦の引退など、さびしいニュースが次々。ご苦労様でした。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR