ベトナムの独立記念日

世界史の大学入試で出題されたことがあるので、ホー・チ・ミンの「ベトナム民主共和国独立宣言」は日本の歴史教育界でもそこそこ有名である。冒頭にアメリカ合衆国独立宣言とフランス革命の「人権と市民権の宣言」(日本で通常は「人権宣言」と呼ばれているもの)を引いて、こういう原理に照らせばベトナム民族は独立を認められて当然である、と主張したもので、社会主義とか共産主義とかいうことばは一言も出てこない。「わが人民はベトナムを日本の手から取り戻したのであって、フランスの手からではないというのが事実である」という一句があり、1944年末から45年春にかけての「200万人餓死」にもふれる。新日本文庫のホー・チ・ミン『わが民族は英雄』など何種類かの翻訳があるが、Wikipediaの訳はかなりお粗末である(植民地支配とか民族独立とかの理屈がわかっていないし、ベトナム語の理解も浅い)。

ホー・チ・ミンが率いた「ベトミン」は、日本軍降伏直後の1945年8月19日にベトナム全土でいっせい蜂起、9月2日にハノイのバーディン広場で、ホー・チ・ミンが自分で起草した独立宣言を自分で読み上げた。ネット上でその録音もすぐ見つかる。平易で調子のいい、名文である。この日がベトナムではngày Quốc khánh(国慶の日、ナショナルデー)として祝われている。日本では独立記念日と訳す場合も多い。

大阪でも祝う会があちこちで開かれる。日越友好協会のつどいは下記。
http://nhatvietosaka.jp/log/dokuritu201309.html
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR