スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムでも「苦役への道は教師の善意でしきつめられている」?

フエで出版されている『フエ 昔と今』(Huế Xưa và Nay)という雑誌に、フエの史学界のボスであるドー・バン先生が、「歴史教科書が生徒に歴史を怖がらせる原因である」という論文を載せている。

ベトナムの教育養成省が高校卒業試験の科目から歴史を外す決定を出したところ、ホーチミン市のある高校で12年生(日本の高3に相当)の生徒が、校内試験の歴史の問題を一斉に破り捨てる事件が起きたのだそうだ。

すでにベトナムでは、歴史学者の組織である「ベトナム歴史協会」と教育界が組んで、歴史教育に関する提言をあれこれ行ってきたが、中学(日本の中学・高校に相当)の歴史は主要科目でない「その他の科目」の扱いで、そのうえ卒業試験からも外れたために、こうなったらしい。

そのうえバン先生によれば、歴史の教科書はやたらに多くの事項を羅列しており、生徒はひたすら覚えねばならないこと、カラフルで図表も多用した地理の教科書と比べて文字ばかりの歴史教科書は魅力に乏しいことなども大問題で、生徒だけでなく先生もやる気がでるようにはなっていないという。東アジア諸国の歴史教育は、どこでもこうなりがちである。
ドイモイ後の一時期には、ハノイ国家大の史学科に志願者が殺到して倍率が急上昇した時期があったのだが、これは学界にとっても危機だろう。儒教伝統とマルクス主義のおかげで、これまでのベトナムでは歴史学者の社会的地位も(中国や韓国と同様、政治と密接に関与するという条件下で)高く、われわれ外国人研究者もその恩恵にまずかってきた面があるので、この問題は他人事とは思われない。

もう1件、雑誌『古代文化』の特輯「西洋古代史の語り方-現代日本社会のために-」のコピーを送っていただいた。西洋史の学会がこういうことを次々やるのは、日本の歴史学をリードするのは自分たちだという自負があるからかもしれないが、東洋史から見るとうらやましいことでもある。

明日から明清史合宿。阪大に勤めた初期に1度参加して以来のなのだが、中国史の劇的革新をリードしたあの時期のパワーは保たれているだろうか。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。