スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遣唐使時代に日中の外交関係はなかった?

5つ下の記事で紹介した「市民のための世界史」の期末試験で、新手の珍答案がいくつか出た。歴史というのは、かなりの論理性や熟練を要するのだが、理系の実験や機械の操作と違い、途中でとんでもない誤解をしても、そこで文章が先へ進めなくなるとか、エラー表示が出るということがないから、こういうことになる。

「自分の間違いを公開するなんてアカハラだ」と言われない程度に紹介したいと思うが、それ以前に、ベトナム戦争の性格が東西の代理戦争だという答案ばかりで、元はといえば民族独立戦争だったことを書いた答案がひとつも出てこないのは、なんのために講義をしたのか、という無力感を感じる。

さて、珍答案が多いのは、各時代に日中間の「外交関係」があったかなかったかをめぐってである。
去年と今年、それぞれとてもユニークな理屈で、7~8世紀について、「遣唐使が派遣されていたが外交関係はなかった」と答えた学生がいた。皆さん、どんな理屈かわかりますか?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

もしかして、日本の建前上は、朝貢関係になかったからという理屈ですか??
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。