スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「市民のための世界史」期末試験問題

本日実施(90分)。1週間前に問題を公表し、当日は教科書、プリント、ノートは持ち込み可、というやり方で、例年試験をしている。それでもみんなが楽勝とはいかない。今年はどうだろうか?
ちなみに受験者は120人あまり。

以下の2つの課題に両方とも答えよ。
I.7世紀初めから20世紀末までの日中関係の歴史のうち、①7~8世紀、②14世紀末~16世紀はじめ、③16世紀なかば~19世紀なかば、④19世紀後半~1945年、⑤1945年以後現在までの5つの時期について、簡単に説明せよ。それぞれの時期について、まず中国と日本との外交関係はあったかなかったかを書き、次に外交関係があった場合には対等な関係だったかそれとも非対等な関係だったか、対立・戦争があった場合にはどんな対立・戦争だったか、経済・文化面ではどんな交流がおこなわれたかなどに注意しながら書くこと。②③の時期の「日本」については琉球王国、④⑤の時期の「中国」では台湾の立場についても書くこと。
 (注意)
1.正確な年代が必要なのは④⑤の時代だけで、それ以前は「唐王朝が」「室町時代に」など政権や時代の名前を書くか、それでは不十分な場合でも「○世紀に~」「△世紀末に...」のように世紀を示せば十分である。
2.「外交関係」の有無とはどういう意味か、よく考えて答案を書くこと。現在の日本と北朝鮮との間には外交関係がない(貿易はしているし、ときどき「外交交渉」もおこなわれるが)。また現在、日本と台湾の経済・文化交流はとてもさかんだが、これも正式の外交関係はない(日本政府は「台湾は中国の一部」という中国政府の主張を認めているので)。これに対し、冷戦時代の日本とモンゴル(当時はソ連側)は貿易も交流もきわめて少なかったが、外交関係はあった。

II.20世紀の代表的な戦争である①第一次世界大戦、②第二次世界大戦、③ベトナム戦争の3つの戦争について、それぞれどんな特徴があったか説明せよ。その際、(イ)どんな勢力とどんな勢力の戦いだったか、(ロ)どんな性格や特徴をもつ戦闘が行われ、なにが戦争の勝敗を決したか、(ハ)戦争の結果、関係国の内部や国際的な秩序にどんな変化が生じたか、の3つを必ず書くこと。
(注意)(イ)(ロ)(ハ)とも、国名や「○○の戦い」などの固有名詞だけ書いてもダメである。その国名や戦いの名前が示す性質を、なるべく一般化して書くこと。例:アメリカの戦闘方法→物量戦

B4で裏表に書ける答案用紙を使っているのだが、片面フルに書くと1000字~1200字というところ。それを普通のスピードで読むと4~5分かかるだろう。つまり、今回の課題は、「○○について調べて5分で説明しろ」というのを2題出したようなものである。人生で、こういうトレーニングはけっこう大事だと思うのだが。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。