今月の鉄道雑誌

鉄道の記事がしばらく書けなかったが、
朝、思い出して生協書籍部で鉄道ピクトリアルと鉄道ジャーナルを購入。


ピクトリアルは地方私鉄の特集。
近代日本における地方の資本蓄積の厚さの象徴だった地方私鉄は、すでに1960年代から苦境にあるが、近年いよいよ危機が深まるいっぽう、鉄道趣味の普及などを活かした新しい取り組みも見られる。地方社会の状況を象徴するテーマのひとつである。

ジャーナルの方は対照的に、東京圏の輸送の特集。全国で唯一、鉄道旅客が減少していない地域である。
京急の記事もあり、ニコニコしながら読む。

明日はCSCDの鉄カフェだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR