スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西村昌也氏の35日法要

ベトナム考古学院主催で、7月12日の午後2時から4時30分まで読経。
場所は ハノイの古刹Chua Tran Quoc(鎮国寺)だそうだ。

日本でも(2時間の時差があるが)その時間に黙祷しよう。

昨日行った日越友好協会奈良支部の年次総会で、1977年に日本で発見され返還されたベトナム(バクニン省の「五戸寺」)の釣り鐘を、返還運動の中心になった渡辺さんという老弁護士が一昨年だったかに現地に行って再訪したというビデオを上映していたが、そこにも西村さんが写っていた。今秋に「平和の鐘」と名付けられたこの鐘(1820年代のもので、返還当時はなくなっていた五戸寺は再建されているのだが、鐘はバクニン省博物館が保管している)をつきに行き村人とも交流するツアーを計画している市民グループがあって、西村さんに案内を頼もうかと話していたのだが...
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。