いずこも同じ?

韓国の新聞社が高校生506人を対象に調査をしたら、約7割の生徒が朝鮮戦争を「北侵」と解答したそうだ(24日の毎日新聞1面コラム「余録」)。朴槿恵大統領は教育現場への左派系学者の影響を問題にしたそうだが、たぶんそういう問題ではなく、韓国の高校生は漢語の意味がわかっていない、つまり「北侵」という漢語は「北に侵攻する」意味だとはわからず、「北が侵攻した」から「北侵」でいいと判断したに違いない。
毎日のコラム子も、在京韓国人記者やソウルの知人の意見として、「先制攻撃したのは北か南かという設問なら大半は正答だったろう」と書いている。

さて、朝鮮戦争そのものを知っている日本の大学生に「北侵」「南侵」のどちらが正しいかと試験をしたら、やはり大勢の学生が間違うだろうな。言語(とくに漢語)能力の衰退は、そこまで来ている。

もう1件、今日の毎日夕刊の「ヘイトの現場から 中」は、京都の朝鮮学校で前でのヘイトスピーチを取り上げている。ここでも見られるのは、明らかな「言論の自由」のはき違えないし悪用である(その背景にも、感覚や感情をぶつけるような表現できない言語能力の低さがあるだろう)。ところが日本では、自由な言論を認めたくない政府があり政治家・経営者などが多いがために、そういう政府や政治家・財界人に利用されないためには、言論の取り締まりを主張しにくいというジレンマがある。ここを乗り越えるにはどうしたらいいのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR