スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

交流戦大勝利

最終日はパリーグが負け越して、トータルで去年より1つ少ない勝ち越しに終わったが、今年も交流戦は大勝利。
ドラフトにFAを加えればパより有利なのだから、セの弱体のようなのを「自己責任」という。

主力がまとめて離脱したマリーンズやゴールデンイーグルスが下位に低迷したが、マリーンズ最終戦は大勝。毎年春先だけだった唐川侑己は、今年こそフルシーズン働けそうだ。サブローやマーフィー、ペン、清田育宏らの故障者に早く復帰してほしいが、荻野貴司はショートストップに戻れるのだろうか。

先日好守を連発した岡田幸文のカゲに、今年マリーンズのコーチになった元ブレーブスの山森雅文がいると、インターネットの記事で読んだ。そうだったのか。黄金時代のウイリアムス-福本-大熊(蓑田)に限らず、ブレーブスには駿足好守の外野手を輩出する伝統があった。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。