スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史基礎で教えたいこと

「市民のための世界史」は19世紀を2回で片付けた。小テストはそれぞれ以下の課題を出した(出席カードの裏面に答えを書かせる)。

第9回小テスト:18~19世紀のヨーロッパ・アメリカで創り出され、現在まで「近代国家」「近代社会」のモデルとなっているしくみはどんなものか。政治と国家の形態、経済と暮らしの仕組み(家族のあり方などもふれてよい)について説明せよ。

第10回小テスト: 近代欧米諸国や日本による植民地支配のうち、A.アメリカ大陸やオーストラリア、B.南アジア・東南アジア、C.台湾・朝鮮の3グループについて、それぞれの特徴を説明せよ。支配の善悪を論じるのでなく、被支配側との力関係および「原住民」の運命、植民地統治の方法・手段、その結果おこった植民地の経済・社会・文化的変化などを説明すること。

「高校歴史基礎」でも、こういうことを説明できる知識・理解および表現能力と、調べ学習や発表・討論の両立を図るのが筋だというのが私の考えである。いつも言っていることだが、こういうレベルの「まとめ」のための知識や訓練抜きで、いくら調べ学習と討論だけさせても、細かい知識だけ与える場合と同じく、「討論し選択できる市民」は育つまい。そこを強調すると「特定の歴史観を押しつける」という批判が出るのは、なにか勘違いをしているとしか思えない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。