合計特殊出生率1.4回復

1996年以来16年ぶりだそうだ。
しかし2012年は死亡者数も戦後最大とか。
また毎日朝刊には都道府県別の率が書いてあるが、最高の沖縄で1.90、最低の東京は1.09とある。
沖縄でも(他県や外国からの移民が増えなければ)人口減は避けられないわけだ。

資源や環境のことを考えると人口減はいいことなのだが、私が飯を食っている教育産業も、少子化で困っている商売である。もっとも、教育予算が維持されれば、相対的に少人数の生徒・学生に対してきめ細かい教育ができる。もともと日本は先進国としてはあまりに恥ずかしい、多人数に機械的な教育を施す路線をとって、今それが行き詰まっているのだから、この際、一人あたりの教育予算を増やさせる方向にもっていかねばならない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR