インドシナと書いてインドネシアと読む?

偶然、昨日と今日と1件ずつ、インドシナと目の前に書いてあるものをインドネシアとワープロで打ってしまったり口で読んでしまう例に出くわした。

以前にも古本屋の目録でBibliotheca Indochinicaという有名な本を「インドネシア書誌」と訳しているのをよく見たし、学生の答案でもインドシナ半島を「インドネシア半島」なんて書く例を見た経験も何度もあるが、インドシナ(半島)という地名を知らない人ばかりでもなさそうなのが不思議なところだ。
逆にインドネシアをインドシナとやった例をまったく見たことがないので、インドネシアとインドネシアでは、ワープロ辞書の漢字変換に例えれば登録されている順位が大幅に違うのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR