スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道と九州のJR

img794.jpg
これも私好みのテーマである。
JR九州は、水戸岡鋭治氏の奇抜な車両デザインと、これも奇抜な列車のネーミング(「ゆふいんの森」「ソニック」「いさぶろう」と「しんぺい」、「いぶすきの玉手箱」などなど)などでだいぶん有名になった。手近でそういう列車に乗れるという点では、老後はぜひ九州に住みたい(?)。
JR北海道は車両事故が続いて苦労しているが、過疎や豪雪とたたかいながらセンスのいい車両や駅をつくっており、これまた応援したくなる。

ちなみに、特集以外にもいろんな記事が載っている。
「九州新幹線開業記念 南九州焼酎蔵めぐり」「関西版私鉄電車めぐり」などもあれば、「バラエティに富む最近の軌道構造」「歴史的橋梁を訪ねて」など技術的な記事、「気仙沼線と大船渡線で運行を開始したBRT(津波で破壊された鉄道の代わりにバスを走らせる方法)の概要」「東京の地下鉄一元化の動き」など社会・政策に関する記事もある。もちろん「ランチクルーズin山陽路」「日本縦断ローカル線 近畿編(後編)」など紀行物が欠けることはないし、「ミャンマーのマンダレー急行」「海外鉄道事情(4)中米」など世界の鉄道の紹介も載っている。後者は、齋藤雅男さんさんという元国鉄の技術畑の大物で退職後もUNDP(国連開発計画)などで世界の鉄道技術に関する権威として活躍された方が長期に連載されているエッセイの一部で、かつての台湾への新幹線売り込みをめぐる各国の動きなど実に参考になった。注つきの「論文」といえる原稿も毎号かならず出るし、同誌のレベルはきわめて高い。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。