グローバルヒストリーと帝国



2008年の「歴史学のフロンティア--地域から問い直す国民国家史観」につづく2冊目の、大学院オムニバス講義「歴史学のフロンティア」にもとづく本が出た(阪大出版会)。

グローバルヒストリーと帝国研究の関わりについて解説した序章のほかに、モンゴル(堤、向)、中世大越(桃木)、ロシア(長縄)、イギリス(中村、秋田)、日本(後藤、飯塚)、アメリカ(中島)に関する論文が並ぶ。
興味深い「授業ネタ」がいろいろ取り上げられているほか、序章では「大英帝国など覇権国家ばかり」「地域の事情を無視する」といったグローバルヒストリーへの誤解(批判側だけでなく推進側も往々にしてもっている?)を説くための解説もしてある。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

表紙自体も…

装丁に使われている「混一疆理歴代国都之図」は2008年度のセンター試験に図版付きで出題されています。表紙に使った本は、山川『北方世界の交流と変容』についで2冊目ですね。

Re: 表紙自体も…

> 装丁に使われている「混一疆理歴代国都之図」は2008年度のセンター試験に図版付きで出題されています。表紙に使った本は、山川『北方世界の交流と変容』についで2冊目ですね。
そうですね。「最近流行」ということで勘弁してもらいましょう。
プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR