スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語か日本語かだけの問題ではない

大学で英語の授業を増やせとか、大学生に国際的な英語試験の点数を求めろなどの議論がかまびすしい。
今度は自民党の教育再生実行本部の提言で、大学の入学・卒業にTOFELでの一定得点を求める、理数系教育と情報通信系教育の充実など、毎度おなじみの内容が盛り込まれているそうだ。

そういう考え自体が間違っているとは思わないが、英語や理工系・情報系への投資はうたっても、哲学・歴史など文系的教養のことは(道徳教育などと言うピント外れのやり方以外には)考えていないとしたら、グローバル人材の輩出には成功しないだろう。

たとえばTOFELの点数だけ求めて大学の授業は日本語ばかりでは話しにならない(留学生を増やせと言う目標のほうにも障害になる)。が、日本文化・文学や日本史の授業はどうするつもりだろう。英語の点数は高くても、日本文化について語れないような人材がグローバル人材として活躍できると思っているとしたら、無知としかいえない。
ところが、日本文化や日本史では、そう簡単に日本人の教員がみんな英語の授業ができるようになるとは到底思われない。では例外扱いして日本語だけで教えるのか、それとも外国人教師を雇って教えさせるのか? 一定程度は英語で教えることが望ましいに決まっているが、英語ができる(世界を知っている)日本人教員に頑張って教えさせるにせよ外国人教員が教えるにせよ、問題はそこで自民党が望むような「愛国心に満ちた」日本文化や日本史が教えられるかどうか、きわめて疑わしい点である。要するに自民党の考えは最初から矛盾をかかえている。

もう一点、英語か日本語かという議論から抜け落ちているのは、非英語圏の問題だ。
第一に英語のできない留学生を増やす気はあるのか、英語圏以外で活躍できる人材を育てる気はあるのかなどという問題である。後者について言えば、これからの世界では英語プラスその他の言語(とくに非ヨーロッパ言語)ができないと活躍は困難だが、英語以外の外国語を教える日本の体制はあまりに貧弱で(伝統的なドイツ語・フランス語教育の効果がひどく低下する一方、その他の言語の教育への投資は十分なされないままである)、大幅な投資増がなければうまくいくものではない。。

第二に日本にはフランス語、ドイツ語圏、スペイン語圏やアジア諸地域など、英語圏以外の外国の文化や歴史を研究している世界レベルの学者がたくさんいることだ。
もちろん、その成果を英語でも教えるべきことは言うまでもないのだが、社会科学系(いまだにアジアの現地語を軽視しているため、アジアの現実が説明できずに苦労している)はいざ知らず人文系は、原語による資料を使わずに授業はできないし、研究成果の発表も、対象地域の言語でやらねば意味がない場合が少なくない。日本でやるなら、無理に英語でやって深い意味を伝わりにくくするより、簡単な日本語をベースにして原語(現地語)をたっぷり盛り込んだ授業を構築するのに努力するほうが、有益ではないだろうか。それを拒否して「最初から最後まで英語でやれ」という英語圏の留学生は、日本に来てもらう必要はないだろう。
そのためにはむろん、毎度毎度述べてきたように、「留学生にもわかる簡単な日本語」の訓練が必要だが。

「中国・韓国に負けない」「アメリカの忠実なジュニア・パートナー」という近視眼的な目標をこえて、本当のグローバルな人材を育て日本の地位を高めたければ、英語と理工系と情報化だけなどというのは1周遅れだと知るべきである。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。