鉄腕アトム放映50周年

毎日新聞夕刊によれば、今年1月でアニメの「鉄腕アトム」放映開始から50周年、10月には同じく「鉄人28号」も50周年なのだそうだ。
わが家にテレビが入って、最初のはっきり覚えている番組は鉄腕アトムだった。
他方、それらの原作を連載していた月刊漫画雑誌「少年」は、「少年サンデー」「少年マガジン」などの週刊誌に押されてそのころに廃刊になっている。たしか「少年倶楽部」より少し後だったと記憶している。

毎日の記事が言う通り、「アトム」も「鉄人」も、「原子力の平和利用」「無限の科学の進歩」という楽観性(や科学技術を軽視した精神論で戦争に負けた日本人の悲願)を強く帯びたマンガではあった。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR