山の食べ物

これは平野でも珍しくないヤギの肉
P1090158.jpg

鹿肉。あっさりしておいしい。
DSC_7215鹿肉
昨冬のバクザンでも食べた水牛の肉。
P1090107水牛肉
きわめつけのモグラかなにかの煮込み。食べるところがほとんどなかった。
DSC_5570モグラ?の煮込み。食べるところが少ない。

鮎のような魚の煮付け。ベトナムの魚の煮付け(カーホート)は一般においしいが、中部のピリ辛のはとくにいい。ホテルの朝食でおこわと食べた小魚の煮付けもはまる、はまる。
P1090108アユ?

ラオスでポピュラーなもち米の竹筒飯。これは焼きおにぎり状態になっている。
DSC_6983.jpg

右側はカイワレの炒め(ダクラク省で)。日本から持ち込まれたものか。
DSC_6980.jpg
ハーティン省の山あいでは、ミット(ジャックフルーツ)の葉っぱの漬け物を炒めたものを食べた。おいしかった。P1090109ミットの漬け物の炒め
ミットは平野でもポピュラーだが、タイソン反乱の最初の拠点となったジャライ省アンケー県の山の上にも当時のものとされるミットの大樹があり、山中でも育つようだ。


バンメトートの市場にはニンジン、ダイコンなど平野ではさほど見かけない野菜がいろいろ(ゴーヤーも高原で栽培しているのか、よく食べた)。
P1090114レタスとゴーヤーの取り合わせがおもしろい
もっとも市場には、海魚やエビ、イカもたくさん売っている。平野からの移民が食べたがるのだろう。
DSC_6913魚介売り場は海魚も豊富





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR