スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

333だけがベトナムビールではない

ベトナムのビールといえば333(バーバーバー)しか飲まない人が日本のある世代以上には多いもを、私はさんざん攻撃してきた。「ベトナムといえばフォーだけ」「生春巻きだけ」「ベトナム戦争だけ」...
そういう思考法が私には「野球と言えば巨人だけ」「都会と言えば東京だけ」というのと同様に、耐えられない。生理的に耐えられないのだ。

333ビールほか色々な飲料水


今回はおかげさまで、色々なビールを飲むことができた。
下の写真はラオス国境で買ったビア・ラオ。なかなかの味である。
DSC_5451ラオバオで買ったビアラオも

中・南部ではラリューとかフェスティヴァルというビールもよく見る。
DSC_6136夕食の店でラリューを飲む  DSC_5564.jpg

ほかにハノイのHalida、フエのHuda、ホーチミン市のサイゴンビール、それに北部で造っているDai Viet(大越)というビールも飲んだ。
それぞれけっこういける。

外国ものではハイネケンやカールスバーグをよく売っているが、私はシンガポールのタイガービールを比較的よく飲む(ただし阪神タイガースのファンではありません)。
DSC_6977.jpg
残念ながらフィリピンのサンミゲルが今回は飲めなかった。

バンメトートのとてもおいしい精進料理屋にあったノンアルコール・ビールは外れだった。
DSC_6962ノンアルコールビールは外れ






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。