スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界史雑記帳(8):マリ-・アントワネット

今日はジェンダー科研の研究会。
日本史・世界史の入試を分析した報告を聞いた。
日本史も世界史もジェンダー史の扱いは不十分だが、日本史のほうがまだましな様子だ。

はじめて聞いたのだが、「パンがなければお菓子を食べればいいのに」とマリー・アントワネットは言ってはいないのだそうだ。にもかかわらず、こういう「通俗知識」のままで入試が作成されている。いっしょうけんめいチェックするのはその人名や語句の用語集頻度だけ。ジェンダーや女性の出題といっても、多くは定番の人名とか女性参政権の獲得などを型通り出題しているだけである。

これをどうするか、討議は議論百出だったが、ジェンダーバイアスを含め、とても根本的なところを変えないといけないということだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。