第51回大阪大学歴史教育研究会のお知らせ


第51回大阪大学歴史教育研究会
http://www.geocities.jp/rekikyo/

日時:2011年5月21日(土)13:30~
場所:大阪大学豊中キャンパス文法経本館2階大会議室

報告者(敬称略、以下同):
桃木至朗(大阪大学CSCD教授/大阪大学歴史教育研究会代表)
「日本列島を含む東アジア海域史の枠組みの整理」

コメント兼ミニ報告:
岡本弘道(関西大学非常勤講師)
「せめぎ合う関係性――「冊封」「朝貢」「互市」の理念と現実」

今年の1学期は、これまでの研究活動のまとめや補足、2学期以降の新しい取り組みへの問題提起などを集中的に扱う。その第二弾がこれ。

私は東北~東南アジア海域の前近代史とそこでの日本の位置のまとめ方、教える場合に必要な語句・事項と「モンゴル帝国の構造とインパクト」「日本の鎖国の世界史的意義」などの論点整理、高校出前講義で使ったパワポ教材(テーマは陶磁貿易)の紹介などをする予定。

岡本さんには、高校でも教えることが一般化したが、結果的にかえって誤解が広がっている「朝貢・冊封」について、あらためて解説していただく。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR