オールライトニッポン

国防軍だの核武装だの、右寄りの威勢のいいかけ声が日本を覆っている。
80年前もそうだったように(しかも中国は当時よりはるかに強いのに)。
おまけに、当時のポピュリズム政権はけっこう社会民主主義的政策をとったが、今の主な党派はどれも酷薄な新自由主義政策を広げて国力を弱めようとする。
ああ、オールライトニッポン。
私のような左利きは、非国民として弾圧されそうだ。

当時、「バスに乗り遅れるな」という言葉があったそうだ。「みんなで渡れば怖くない」で戦争に突っ走った。 All right, go!

日本語はLとRの区別がないから、ライトは「右」のほかに「軽い」の意味にも取れる。
深く考えもせず、歴史に学ぶこともせず、強硬な言葉だけが一人歩きする。
こういう男性たちの自慰行為は、人に見せるものではないだろう。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR