スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラグビーの得点

全国高校ラグビーを主催する毎日新聞に、過去の名勝負の記事が載っている。
今日の朝刊は1966年1月の決勝戦で盛岡工6-5天理という試合。

若い読者が見たらあれ、と思っただろう。
天理は1トライ1ゴールで5点。盛岡工は1ペナルティゴールと1トライで6点。

そう、当時は1トライが3点だったのだ。
その後4点になり、今日の5点まできた。
点数が入るほうが面白いという理由だったと思う。

ほかにも最近30年ぐらいでルールが変わったスポーツはずいぶんあるだろう。
東京オリンピックのバレーボールの得点ルールは現在と全然違っていたことなど、立派な歴史の授業ネタだろう。
バスケットボールの3点シュートなども昔はなかったし。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。