バオカップ時代風のレストラン

ハノイ到着最初の夜、阪大から留学中のY君が予約してくれたチュクバック湖近くのレストランに留学生数名が集合。学会参加のため同じフライトに乗り合わせた京大のYMさんも合流。
P1080826前日の夕食はバオカップスタイルの店

ここはドイモイ前のバオカップ(ソ連式社会主義下の配給制の生活)の時代風にやっている食堂だそうだ。レストランのことも、今風のnhà hàngといわずにcửa hàng ăn uốngと懐かしい言い方をしている。
img736.jpg

注文はいちいち食券を買う方式。
P1080830.jpg  P1080828.jpg

ただし料理はけっこうおいしかった。ビールもコップこそ懐かしい耐熱ガラスのコップだったが、ちゃんと冷えていた。私が留学した86年当時でも、冷えたビールなどまずなく、氷を入れて飲もうにも氷すら品切れ、かたやビールは古くて気が抜け泡が出ない、ときには酸っぱい味がするなんていうのが普通だった。
P1080831.jpg


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR