違った世界を想像できる人とできない人

何度かこのブログで書いてきた韓流ドラマ「大王世宗」で、
汚い手を平気で使うチョ・マルセンに代わって、真面目で清潔なチェ・マルリが王様のやることに何でも反対するようになってきた。

共通するのは、二人ともとても優秀なのだが、「ぶっ飛んだ王様」が独自の暦だの火薬兵器だの文字だのを次々作ろうとするのに対し、既存の発想の枠組みで「とんでもない、そんなことをしたら国家が壊れる」と反対することだ。
日本の大学にもそういう先生がたくさんいる。

そういう人は、既存の枠組みがひどく抑圧してきた人がいることには目が行かない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR