韓国人のベトナム戦争


2009年に出た本で新しくはないのだが、本棚の妙な場所に置いたままになっていたのを発見したので、この際紹介しておこう。

市民団体の活動をしているうちにピースボートを通じてベトナム戦争に出会い、韓国軍がベトナムでやったことに真摯に向き合おうとした人たちのことを書いた本である(金賢娥著、安田敏朗訳、三元社刊)。
日本人がこんなことを書くとそれ自体が「上から目線」だと怒られるのを承知の上で書くのだが、日本語版序文で著者が書いたつぎの言葉には感心した。

 最近、だれと手をつなぐのかについて考えている。まつては、韓国で生まれたのだから韓国人と手をつなぐのが当然のことと思っていた。しかし、緩やかな世の中になり、境界を乗り越えるのは、よりたやすくなってきている。私は戦争を引き起こす韓国人よりは平和な世界を夢見る日本人と手をつなぎたい。多国籍企業のファーストフードを好む韓国人よりは、申し訳なく、怒りを覚え、逃げ出したいとも思った気持を慮ってココナツを手渡してくれたベトナム人と手をつなぐだろう。連帯とはこうしたものではないだろうか。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR