アメリカでも歴史は暗記科目?

先週の土曜日に学術会議の歴史教育の部会が開かれた。昨夏に提言された「歴史基礎」の内容を検討するための会で、三谷博さんが近現代史中心の案を披露した。調べ学習中心の大胆な案だった。
ちょうど歴教研のブログにも大木先生の意見が出たが、35週(2単位なら年70時間)授業が出来ると考えてはいけない、実質は50~55時間分が精一杯だということは、日ごろ高校の先生から聞いていたので、私も会議の席上で強調しておいた(前回の会議で私が紹介した「市民のための世界史」のカリキュラムは、とりあえず講義の部分が大学の15コマ=1350分=高校の27時間で終わるように作ってある(阪大生だから出来るので、普通の高校生向けならもっと時間がかかるという批判も予想して、それでも課題学習に一定の時間をさけるように作ってある)。

三谷さんの報告では「歴史基礎」の案とは別に、アメリカのハーバード大ほかで史学系の教員にアンケート・聞き取りをされた報告が面白かった。アメリカでも歴史の不人気の理由として「暗記が多い」というイメージがあるのだそうだ。日本で理想化して語られるような、「考えさせ表現させる歴史教育」がどこでも実現しているわけではないのだろう。

何度も言っているが、歴史認識などをめぐって欧米の学生がいろいろ意見を出すのに対して、日本の学生は「なにも知らない、なにも言えない」というのは、歴史教育だけが原因ではない。小学校からの教育課程全体が違うのだ(だから日本の学生は、日本の社会についても文化についても政治についても経済についても技術についても言語についても、人前でしゃべることができない)。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR