スカウティング

「スポニチ」の「わが道」欄に掲載されている、元ヤクルトスカウトの片岡宏雄さんの話が面白い。
とにかくその年の目玉選手を1位指名するというやり方(今でもやっている球団が多い)を変えて、「ヤクルトは1位指名が活躍しない」という定評をはねかえすことに成功した、というところは特に参考になる。

完全ウエーバー制にできない日本プロ野球の後進性はさておき、過去の1位選手をまとめてクビにせざるをえなかったオリックスはじめ、ドラフト戦略を反省すべき球団は多いだろう。わがマリーンズも全然威張れない。
大谷投手がいなくなった今年のドラフトで、どこが賢い選択をするのだろうか。

もちろん指名した選手が大成するかどうかは、入団後の監督やコーチにもよる。
監督が替わると、個々の指導能力に関係なくコーチも総入れ替えするようなやり方でいいのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR