スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長光

今日も午後はずっと論文書き。李朝期のタンロンに関するものだが、本当はもっと中国や朝鮮半島の都城のことを勉強しないといけない。逆に言えば、豊田裕章さんだけでなくて、もっとほかの東アジア都城の専門家を、本格的にタンロン研究に引き込まねばいけない。たとえば妹尾達彦さんに指摘された課題として、城内にあった太清宮などの宗教中心の位置と役割は、だれも研究していない。

夕食は、ゴールデンウイークに訪ねてきたOGのYYさん(この春、兵庫県の教員になった)やその仲間の院生などのメンバーで、石橋の中華料理「長光」へ。線路沿いのロケーションといい店の小ささといい、いかにもタコにも「隠れた名店」。

名物の「りんご餃子」

庄内の「楽口福」が店を閉めて「悲嘆にくれていた?」私としては、長光を知ったことはとてもうれしい。

家に帰ると今夜も「ショパン全曲演奏」をやっている。全部で166曲あると初めて知った。けっこうミスタッチがあるんだけど、やっぱりいい曲が多い。私は子どものころピアノの練習がいやで、中学で陸上部に入ったのを口実に逃げ出してしまったのだが(姉は高校までピアノとテニスと両方やった)、練習を続けてショパンの易しい曲ぐらいは弾けるようになっておけばよかったな、と思うことがある。ベトナムの威信が大きく傷つき、私の研究にも展望が見えなかった時代に、暗い下宿生活に慰めを与えてくれたダン・タイ・ソンのショパンなども思い出してしまった。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。