スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自治体史の意味

佐藤正幸さんの本でなるほど、と思ったことの一つは、ときの政権が正史を編むという中国的伝統は、明治以降の日本の国家レベルでは発展しなかったが、現在でも自治体史の形で活きているという指摘である。

現代日本の自治体史に、内容的に権力に媚びるようなものは少ないだろうから、上の指摘には怒る執筆者も多いかも知れないが、中国の正史や地方志も、権力者の意図通りに書かれるとはまったく限らない(そういうときのために、中国では「わかる人にしかわからない」表現法が高度に発達している)。自治体が歴史編纂の主体になる発想が西洋にないと言われれば、中国的伝統プラス幕藩制あたりの影響を考えるしかないだろう。

ほかに面白かったのは、ヨーロッパ人が自然(たとえば天体の運行)を観測してそれまで信じられていた法則に合わない場合、法則そのものが不十分だったと考えてより適用範囲の広い法則を見つけようとするのに対し、中国では「天にも異常がある」として法則は変えずに例外事象を記録するという方向をとったという話である(つまり中国の「天」は西方の「唯一神」のように絶対ではない)。

関連して、それぞれの文明がなにを絶対的なるものとするかによって、その文明がなにに知力を集中するかが変わってくる、キリスト教世界でそれが聖書に中心を置く神話と神の教えだったのに対し、中国ではそれが過去の人間の行動の正確な記録=歴史書編纂であったという指摘も参考になる(宗教は絶対的だが唯一神ではないインドはまた別の類型か)。

歴史教育についてもこの本はいろいろ書いており、日本の歴史教科書が規範としての「正史」の性質をもっていることを明確に指摘したうえで、「考えさせるイギリスの教育」が「覚えさせるだけの日本の教育」と比べて万事すぐれているわけでもないことを述べるなど、バランスのとれた記述をしている。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。