日中対立

研究者や教員の間でも、フェイスブックやメールでいろんな情報・意見が回っている。
中国政府がケシカランのは事実だが、
だからといって日本がキレてつっかかっても、アメリカやEUは日本の味方をするだろうか?
「そのやり方はダメだ、やめろ」と言われ、さらに逆ギレして「鬼畜米英」と戦争をしようにも、自衛隊を米軍にコントロールされてる状態では不可能だろう。

また、これで中国語とか中国史を勉強しようという学生は減るだろうが、対立したら相手を研究しないような人々に、本当に国を守れるんだろうか? 一流国なら優秀な学生を選抜・優遇して中国(や中国と対立していて日本の味方になる可能性のある周辺国)を研究させると思うが。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR