連敗脱出

清田育宏の2塁打で始まり、ジョシュ・ホワイトセルや角中勝也、井口資仁や最後はサブローまで打って大勝。
めでたいのだが、ここまで1点差の試合にいくつ負けたんだろう。
残り21試合、18勝ぐらいはしてもらわないと引き合わない。
大谷智久は今日もいいピッチングをした。報徳学園-早稲田を出たエリートとして、もっと上を目ざしてほしい。

このシーズンオフは、投手と駿足の外野手だけじゃなくて、クリーンアップを打てる強打者を必ず補強してもらわないといけない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR