4月30日

現在、日本時間で4月30日午前1時47分。まもなくベトナムでも4月30日になる。
1975年4月30日のサイゴン解放。多くのベトナム人だけでなく、私の人生もその日に変わった。
ただし、あの日の感動を忘れないことと、あのころの考え方のままで生きることは別問題だ。

一昨日の「解放記念のつどい」での古田元夫さんの講演には、ベトナム人民支援世代(反戦運動世代)の聴衆がおおぜい集まった。この世代では「ベトナムは社会主義を捨てて資本主義化しつつあるのではないか」と疑う人が少なくない。これに対して古田さんは、現在のベトナムは党・政府についても農民社会についても、「社会主義でなくなった」とはいえない、と明晰に論じた。その中でも、聞き逃すべきでない指摘は「ソ連崩壊後、生産手段の私有の廃絶と公有・国有化を主要な指標として社会主義を定義する考えは成立しなくなった」という点だと、私は感じた。この36年で、世界が大きく変わったのだ。

このように世界が変わったために、以前の概念や定義そのままでは対象をもはや理解できなくなっている、という話が歴史学にも他の学問にも満ちあふれている。では、「大半の大人たち」も「普通の大学生たち」も相変わらず古い概念や理論のままで物事を理解し(学術用語でいう「コンヴェンショナルな」理解)、それを前提に国の進む道を決めてしまっている日本の現状をどうしたらいいのだろうか。ことは教育全体のしくみにかかわる。ドイモイが必要なのは日本だ。

写真は去年の夏に若い仲間たちを連れて北中部に調査に行った際の、北緯17度線・ベンハイ川の橋のシーンである。最期に通った2000年とはすっかり様子が変わっていた。


DSC_2489b.jpg

「ベトナムの国は一つ、ベトナム民族は一つ。川が枯れることはあり、山は平らになることがある。だがこの真理はいかなる時も変わらない」。ホー・チ・ミンの名文句の一つが書かれている。
DSC_2495p.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR