スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム8月革命

ベトナムのナショナルデー(独立記念日)を祝うつどいがある。
http://nhatvietosaka.jp/log/vn20120902.html

9月2日が独立記念日なのは、アジア・太平洋戦争下での日本の占領に対してゲリラ活動をしていたホー・チ・ミンひきいるベトミンが、1945年8月19日に、日本軍が降伏してから連合国軍の進駐がおこなわれるまでの権力の空白を利用して一斉蜂起、2週間でほぼ全土を掌握して9月2日にハノイで「ベトナム民主共和国独立宣言」をホー・チ・ミンが読み上げたことによる。これをベトナム民主共和国~社会主義共和国では「8月革命」と呼ぶ。アメリカ合衆国独立宣言とフランス人権宣言から説きおこすホー・チ・ミン自筆のこの独立宣言は、日本の大学入試にも何度か出題されたことがある。

8月革命の過程については、古田元夫さんの著作が何冊もあり、日本が1945年3月にフランスを追放して「独立」させたグエン朝(安南帝国)側から見た動きは、白石昌也さんの『ベトナムのラスト・エンペラー』に活写されている。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。