スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東洋文庫ミュージアム

先日のブログで書いた展示会のプロモーションのための講演会が今日あった。
宣伝のおかげで高校教員や教科書会社・出版社の人がけっこう来てくれた。
年配の市民に現在の世界史教育や教科書の激変ぶりを紹介できたのも、いいことだと思う。

個人的に感動したのは「オリエントカフェ」に通じる通路の壁にあった世界のいろいろな文字。

これはホーチミンの「独立と自由ほど尊いものはない」という言葉である。

P1080293.jpg
隣が西夏文字というのがすばらしい。
歴史や文字に興味のある中高生を連れて行くのにもとてもいいだろう。
講演会でも生涯教育、青年に世界史を学ばせる動機付けなどの話が出たが、このミュージアム(+東洋文庫そのもの)は、その材料を山ほど見つけられる場所である。

P1080294東洋文庫
オリエントカフェの料理もなかなかだった。

ということで上機嫌でホテルに着いて、ネットでプロ野球の結果を見て激怒。
なんだこれは?
マリーンズの前身の毎日オリオンズは、創設期の1950年代にも「力はあるが淡泊で試合運びの下手な」チームで、南海ホークスや西鉄ライオンズにいつも騙されていたようだが。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。