西鉄のこと(その4)

スポニチでプロ野球選手の回顧談を連載しており。平松政次や有藤道世に続いて現在は豊田泰光。
今日から国鉄スワローズ移籍後の話に移っている(ちょうど私がプロ野球を見始めた年で、豊田というのはずっと国鉄の選手だったかと思っていた。あの年の日本シリーズでライオンズに豊田がいたら...)。

西鉄電車の写真紹介のつづきで、まずは86年9月、ベトナム留学の直前に北九州の鉄道乗りつぶしに出かけた際、小倉で途中下車したときのもの。
北九州市内線は門司方が廃止され、砂津が終点になっていた。
img082門司方が廃止され終点になってしまった砂津(86年9月) img083.jpg img084.jpg


つぎは97年7月、大雨の中を熊本に出張した際に大牟田駅で撮った写真。
img086.jpg


帰りに直方へ出て筑豊電鉄に乗る。このあと回った折尾とどちらも、高架の終点が都市間電車の夢を伝えていた。
img087筑豊直方97年7月

黒崎に出る。「そごう」がまだあった時代。
img089黒崎が終点になっている img090.jpg

熊西分岐点付近
img093.jpg
折尾終点
img094折尾終点




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR