福浦サヨナラ犠飛!

福浦和也のサヨナラ犠飛で前半最終戦は辛勝。
お膳立てをした鈴木大地のヒットもよかった。

それと8回に追いつかれたあとの岡田幸文の右中間のスーパーキャッチ。ほんとうに守備でゼニのとれる選手だ。かれの二軍時代の守備の師匠は、かつて、一度のフェンス上でのスーパーキャッチの写真がアメリカに紹介され、ある意味で名手福本豊(この人も日本シリーズやオールスター戦でスーパーキャッチをしている)以上に有名になった、元阪急・オリックスの山森雅文である。こういう「日本・職人芸の系譜」みたいな話にはホロリとさせられる。岡田には打撃や走塁でももっと活躍して、レギュラーを取れなかった師匠(通算1072試合出場だが289安打しか打っていない)を大幅に乗り越えてほしい。

投手では、中4日で好投した上野大樹がみごと。大谷智久や昨日の小野晋吾もそうだが、こういう「代役」が活躍するところが今年のマリーンズの強さだろう。
もっとも田中将大から3点先制はいいが、追加点をとれず、守っては今夜もピッチャーや内野のエラーで同点に追いつかれたあたりはお粗末。調子をあげてきたホークスやライオンズを後半戦最初のカードで突き放すには、このへんも引き締めてほしい。

ホークスの岡島秀樹がいまだに無失点というのは立派だ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR