池永正明が泣いている

原辰徳を放置するどころか励ますプロ野球コミッショナー。
ずっと昔の「黒い霧事件」で、「灰色」の池永正明は、コミッショナーの断固たる処置で永久追放にされたのではなかったか。

プロ野球界は(大相撲も同じだが)自分で、プロレスと同じ興業の世界--暴力団とつながっていてもだれも驚かない世界--に戻るつもりなのだろうか。創設時に自分たちが属していたその世界に。
選手会は動かないのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR