飢餓海峡

青函連絡船洞爺丸の沈没をネタに使った水上勉の名作。CSで放映しているのを途中から見た。
「戦後」の一面(やりきれない一面)を鮮やかに描いた作品だ。
内田吐夢監督、三国連太郎に左幸子、伴淳三郎など。若き日の高倉健も刑事役で出ている。殺される八重(左)の父の役は名優加藤嘉。「寅さん」を含め、絶妙の老人役がたくさんある人だ。

学生時代、北海道から帰る夜汽車の中で文庫本を一生懸命読んだ覚えがある。たしかそのころ、映画も見た。
一乗寺の京一会館だったか、それとも河原町の映画館だったか。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR