スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大学入試を高校卒業後に

毎日新聞夕刊に、東大の秋入学提言に対して飯島昇蔵氏(早稲田大学教授、同大図書館長)が投稿して、大学入試が高校教育に与えてきた府の影響を猛省すること、センター試験の時期を再検討すべきことを述べている。

センター入試という形態の是非は別として、大賛成である。入試は高校卒業直後がいいだろう。
このブログでも以前に書いたが、東大の提言が高校教育関係者の観点を考慮していないという氏の批判はまことにもっともだ。

私は秋入学は悪くないと思っている。国内の仕組みだけを理由にこれに反発する考え方は、21世紀に通用するものではないと考える(「国際化」はなにも政府・財界の専売特許ではなく、「よりよき市民社会」「草の根国際交流」にも必須である)。が、それは中等教育への配慮と両立させねばならない。そもそも、そのほうが「優秀なhが区政」が集まると思うのだが。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。