蒸し暑い日のお寒い試合

朝、新聞を見て急遽思いつき、夕方の京セラドーム大阪に駆けつける。マリーンズ-バファローズ戦を内野自由席で観戦。

藤岡貴裕が先発というので期待して行ったのだが、球のキレもなくストライクも入らず、カウントを悪くして高めの球を痛打されるパターンで、2回1/3でKO。

打線が先に点を取ればなんとかなったかもしれないが、序盤の得点機に上位打線が打てず、後半は淡泊な攻撃でズルズルいくという、マリーンズがダメなときの典型的なパターン。
相手はクリーンアップが3人とも打点を上げたのに、こちらはゼロ打点では勝負にならない。
寺原隼人の球はたしかに力があったが。

試合が早く終わったので、家まで帰って夕食。
作り置きのスープ煮はわりとうまくできている。
ミョウガ、なめこ、豆腐などで具だくさんのスープまたは味噌汁(たいていキムチかザーサイも入れてピリ辛にする)をよく作るのだが、今回は残りもの一掃で、トリもも肉としいたけ、それに昆布などを煮込んだところにナス、ミョウガ、なめこと豆腐、それに刻みネギを入れ、ピリ辛でなく醤油とみりんで味つけしてみた。
ご飯にもビールにも合う。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR