後の先

日本人は先制攻撃、先手必勝が大好きだが、中国軍には「後発制人」の考え方がある、という面白い新聞コラムを見た。
柔道や合気道にも「後の先」の精神があり、将棋や囲碁も先攻がすべてではないのに、日本人は外国とのケンカとなると、どうして先制攻撃一点張りになってしまうのだろう。

これよりずっとしたたかに中国などの外部勢力と向き合っていた中世日本列島の住民が、こんな考えの甘い現代「日本人」を見たらなんといって嘆くだろうか?
関連記事
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【後の先】

日本人は先制攻撃、先手必勝が大好きだが、中国軍には「後発制人」の考え方がある、という面白い新聞コラムを見た。柔道や合気道にも「後の先」の精神があり、将棋や囲碁も先攻がすべてではないのに、日本人は外国とのケンカとなると、どうして先制攻撃一点張りになってし...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR