スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「市民のための世界史」第3回小テスト

先週は「市民のための世界史III」も「S]も都合で休講した。
その前の週に実施した第3回小テストの課題は、
日本は中国の制度・文化・宗教などのうち何を取り入れ、何を受け入れなかったか、唐までの時代を中心に説明せよ。

書いてほしいのは、
(1)受け入れたものでは、
・漢字ないし漢字文化
・仏教(および儒教)
・律令制(均田制、租庸調制...)
ほかに都城制もある(ただし都市全体を囲む城壁は造らない)。絵画とか雅楽などの芸術や、学術をあげてもよい。

(2)受け入れなかったものでは
・易姓革命の思想(むしろこれと逆の万世一系の方向に走る)
・科挙制
・宦官
などが基本だろう。

易姓革命はあまりぴんと来なかったのか、書いていない答案が多かったが、「日本にしかない天皇制はなぜ成立したか」が大問題だ、といった意識は今の学生・院生にはないのだろう。

受け入れたもので、学部1回生のほうは、弥生時代の稲作という答えがけっこうあったが、「技術も文化の一種」と考えるにせよ、あの時代の江南から来たものを「中国から来た」と言えるかどうかは、考えてほしかった。

今週やる小テスト(予告済み)は、毎度おなじみ「モンゴル帝国と元代アメリカ合衆国の共通点について説明せよ」
関連記事
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【「市民のための世界史」第3回小テスト】

先週は「市民のための世界史III」も「S]も都合で休講した。その前の週に実施した第3回小テストの課題は、日本は中国の制度・文化・宗教などのうち何を取り入れ、何を受け入れなかったか、唐までの時代を中心に説明せよ。書いてほしいのは、(1)受け入れたものでは、・漢字?...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。