スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

九州の鉄道

大学生協で「鉄道ジャーナル」6月号を購入。
東北・関東の鉄道の被災の記事には心が痛むが、特集の九州新幹線と九州の鉄道の記事は、九州大好き人間の私にはこたえられない。

「市民のための世界史III」のプリントのアップデート(本当に教えきれるかどうかが別として、実質アジア史だけだったものに最小限の西洋史を入れて、今年度は「本当の世界史」にしようと考えている)で時間を食い、遅くなって帰宅すると、Mが3連勝している。昨日は唐川侑己が完封。今日は岡田幸文が3点3塁打。特に岡田が荻野貴司の前の1番に座って3割打っているのは心強い。これで金泰均に調子が出れば、去年の前半に負けない猛打が期待できるだろう。

夕食後、あまりよいTV番組がないのでCDプレーヤーでサン・サーンスのピアノ協奏曲を聴く。
私が中学時代から好んで聞いてきた2,4,5番とちがい、めったに演奏されない1番が今はいちばん快い。発表当時、メンデルスゾーンそっくりと酷評されたそうだが、若々しい1楽章、サン・サーンスにしてはとても叙情的な2楽章など、とてもいい。このCDを買った国立シンガポール大学の客員研究員時代(2003年秋)に、だだっ広い宿舎で一人暮らしをしながら毎晩のように聞いていたのを、あのころ感じていた焦りや悩みといっしょに思い出した。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。