連勝!

不振だった清田育宏が決勝打。
中後悠平が初勝利。
乱戦を拾えたのは大きい気がする。
スターターの藤岡貴裕とクローザーの藪田安彦はあっぷあっぷだったようだが、打線もかなりつながってきた。
角中勝也の一番起用は以外にいいかも。

荻野忠寛に加えて、荻野貴司や内竜也もイースタンリーグで実践復帰しており、早く一軍に上がってきてほしい。
その他、今年のマリーンズ二軍は絶好調である。

田中マー君が腰痛とは心配だが、戸村健次は勝ち方を覚えてきたか。
ファイターズは絶対的なエースが抜けても四番が打たなくても勝ち続けるところが偉い。糸井嘉男や今日の試合を決めた陽ダイ鋼など、いい外野手になったものだ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR