暴れん坊将軍

好きな時代劇のひとつである。
今日のストーリー(時代劇専門チャンネルでやっている昔のやつ)は、綱吉のときに取りつぶされた大名家の生き残りが吉宗に復讐しようとする、というものだったが、つぶされた大名の城跡に吉宗(新さん)が行くと、1万3千石の大名なのに立派な天守閣がそびえている。

第二次大戦後に観光用に復元した城でも、ありえないような立派な天守閣をもつもの(というか天守閣だけ造って「城の復元」だと思っているもの)が見られるが、小規模な大名にはそもそも城でなく「陣屋」しかもたない者も少なくなかったはずだし、城があっても大きな天守閣がもつものはごく一部だったはずだ。また天守閣が戦国後期に出現したことも歴史マニアなら常識だろう。城イコール天守閣という「歴史像」はいつ、どうやって定着したのだろう?

クラシカ・ジャパンは、アイザック・スターンらのトリオによるベートーベン「大公トリオ」。ベートーベンにしては落ちつく曲だ。P1060888.jpg P1060897.jpg

関連記事
スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【暴れん坊将軍】

好きな時代劇のひとつである。今日のストーリー(時代劇専門チャンネルでやっている昔のやつ)は、綱吉りつぶされた大名家の生き残りが吉宗に復讐しようとする、というものだったが、つぶされた大名の城跡に吉宗(新さん)が行くと、1万3千石の大名なのに立派な天守閣がそ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR