スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄カフェ「災害時における鉄道」

CSCDの知名度はまた低い。
そのミッションは「大学院教養教育」と「社学連携」。要するに学問と学問の間のコミュニケーション、アカデミズムと市民の間のコミュニケーションを可能にしようということだ。詳しくは
大阪大学CSCD
ホームページをご覧いただきたい。

私がやっている「高大連携による歴史教育改善」も「社学連携」の一種(出席院生にとっては、きわめてきびしい「大学院教養教育」の場でもある)なのだが、各種の「カフェ」や「知デリ」など、より正統派の社学連携プロジェクトが目白押しである。その内容も医療倫理などの硬派から「鉄カフェ」「マンガカフェ」「スポーツカフェ」までいろいろ。私自身はスポーツカフェと鉄カフェにかかわっている。

今月の鉄カフェ「災害時における鉄道」は19日(7時、京阪なにわ橋駅構内の「アートエリアB1」)。
残念なことに、私は別の会と重なって出られない。
どうしてJR西日本も部品が手に入らなくて間引き運転に追い込まれかかったのか、など聞きたい方はどうぞ。

今夜の「クラシカ・ジャパン」はアルヘリチのシューマン・ピアノ協奏曲、カラヤンのブラームス交響曲2番などなど。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。