ひなまつりと37年前の九州旅行

小さいころ、ひな祭りのお菓子はひなあられぐらいしか食べさせてもらえず、「ひしもち」というものがあるらしいと知って、とてもうらやましかったのを覚えている。長らく忘れていたが、スーパーのひな祭りセールで見て、思わず買ってしまった(右は一緒に売っていた桜の葉入りのまんじゅうである。
P1060615.jpg  P1060608.jpg


大学生活最初の1年が終わった1975年の3月の今ごろ、同級生のM氏と2人で九州旅行に行った。普通の名所巡りが主目的だったが、鉄道写真もそれなりに残っている。この季節になると思い出す、楽しい珍道中だった。

まずは長崎電軌の写真。広島とならび路面電車復興のエースとして注目されつつあった。「京都の市電を守る会」のシンポジウムに長崎電軌の常務さんが来て、「なんでも京都市の反対をやればうまくいきます」と話していたのが印象に残っている。

長崎駅前(左)と公会堂前(右)
img294.jpg  img290.jpg  

浦上方面の専用軌道の入り口にあたる浜口町
img293.jpg  img295.jpg

正覚寺下
img292.jpg 

つぎは熊本。ここは短時間の滞在だった。
熊本駅前。ここも今は駅前広場に線路が移設され屋根の下をホームまで行けるようになって、すっかり様子が変わっているそうだ。
img287.jpg

熊本電鉄の北熊本までなんとか足を伸ばした。まだこういう旧型車が走っていた。
img288.jpg
 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ダオ・チーラン

Author:ダオ・チーラン
ヒツジ年生まれで写真のニワトリに深い意味はない。横浜で生まれ育った関東人だが、大学入学後現在まで関西で暮らしている。
本業は歴史学者で、専門は中・近世のベトナム史、海域アジア史、歴史学の評論・解説など。
趣味はパ・リーグを中心としたスポーツ、鉄道ほか。
このブログの意見はすべて筆者個人のものであり、いかなる組織にも関係ありません。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセス・カウンター
あなたは
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR